あいまいな空』の作文集

Open App

あいまいな空』をテーマに書かれた作文集
小説・日記・エッセーなど

6/15/2024, 3:39:49 PM

初めて会った時から、兄は不思議だった。

『ごめんなぁ。兄ちゃんのワガママで、銀の鬼事に勝手に混じっちまって』

そう言って、私を白と黒の兄弟から隠してくれた。
すべて自分の我儘なのだと言いながら、それからずっと一緒に逃げてくれている。

強くて優しい、私のお兄ちゃん。になるはずだった存在の彼。
産まれなかったのだと、そう言っていた。鬼《母》の血が濃い兄は、現世に産まれ出たその瞬間に銀の焔に焼かれたのだと。

『でもな。お袋も親父も俺に生きてほしいと望んだんだ。だから俺はそれに応えて、姑獲鳥《こかくちょう》に望んだんだ』

姑獲鳥は子供を攫い、育てる妖だから。と兄は笑っていた。背後に佇む妖は何も言わず、ただ兄を見つめていた。



「銀。兄ちゃん、銀と散歩に行きたいな」

曇天の下。兄に望まれて、二人手を繋いで当てもなく歩く。
望みに応えたい衝動に駆られる事がないように、兄はいつもこうしてたわいない望みを口にする。
兄は優しい。妹として全力で甘やかしてくれる、兄妹という関係が心地良い。
繋いでいた手を軽く引く。立ち止まり、こちらに目線を合わせて屈んでくれる兄に微笑みかけて。

いつもありがとう。お兄ちゃん、大好き。

声なく、感謝を口にした。

「っ、銀」

僅かに目を見張り。次の瞬間にはくしゃりと顔を歪めて、泣きそうな顔で兄は笑う。

「ありがとうは俺の方だ。銀花。俺を兄ちゃんにしてくれて、ありがとうな」

優しく頭を撫でられて、そのまま抱き上げられる。
少しだけ近くなった空は、変わらず曖昧なまま。
晴れるわけではなく。かと言って雨が降るでもない。
まるで自分達のようだと、空を見上げ思う。

人にも妖にも成れない私。産まれる事が出来なかった為に、生きる事も死ぬ事も出来ない兄。
私はきっとこれからも曖昧で不安定なまま。けれど兄はいずれ変わってしまうのだろう。

姑獲鳥《こかくちょう》から姑獲鳥《うぶめ》へ。兄が呼び方を変えているのには気づいていた。知っていて分からないふりをしている。
姑獲鳥が産女《うぶめ》に成るならば、兄は姑獲鳥に攫われたのではなく姑獲鳥の子に成るのだろうか。
その時が来たら、私のお兄ちゃんではなくなってしまうのか。

「銀、どうした?何かあったか?」

空を見上げたままの私に心配げに声をかける兄に、何もないと首を振って答える。

変わらないものはない。それは分かっている。
それでももう少しだけ。
せめて兄が自分を兄だと呼んでいる間だけは。

この曖昧な兄妹の関係に、夢を見ていたいと願った。



20240615 『あいまいな空』

6/15/2024, 3:14:28 PM

「一雨来るかな。」
私達の上には真っ黒な雲が空を埋め尽くしている。
西の方はオレンジ色に染まってはいるが雨のにおいがほのかにしている。降りそうだ。
「予報ではくもりだがどうかな。」
「ふうん。」
彼ががしがしと面倒くさそうに頭を掻いた。くせっ毛が寝癖で更にすごいことになっているが妙に様になっている。小憎たらしい。
「シャワー入るか迷う。」
「とりあえず入って来たまえ。人と会うんだろ。」
「はあ…行きたくない。このまま寝たいよ。」
「…そうもいかないだろ。」
私だって行ってほしくない。このままここにいてほしい。まだ君を私だけのものには出来ないのか。
「なに?」
「何もないさ。」
「…雨が降ったら行くのやめる。」
「おいおい。」
「じゃあ行ってくるね。シャワー借りるよ。」
バタンとドアの閉まる音がやけに大きく響いた。
家の中も外も静かだ。
雨はまだ降らない。


あいまいな空

6/15/2024, 12:15:04 PM

あいまいな空

空は元々曖昧な気がする。
明確な区切りもなく、国によって異なることもない。 高さでは名前が付けられているが、それは人間が勝手に付けたものだから。

自分の頭上からずっとどこまでも続いていて、色もグラデーションで美しい。
そこに浮かぶ雲だって、いたりいなかったりするものの、常に形を変えていて一つとして同じものはない。

そう考えると、空にあるものはどれも曖昧ではなかろうか。
時間経過で太陽の位置、空の色、雲の形、空気の匂いまで異なる。

曖昧とは違うが、空を眺めているだけで諸行無常を感じる。昔の人も、同じような事を感じていたのだろうか。
そうだとすると、空間どころか時空も超える世界になりそうだ。

6/15/2024, 11:47:00 AM

「あいまいな空」

あー……もう4時か。色々考えているうちに夜明けが来てしまったよ!!!参ったなあ!!!ハハハ!!!

えー、いやー……しかし、どうしたものか……。
まさかボクの片割れまで消失しているなんてね……。
流石のボクでも予想できなかったよ。

はぁ……。朝焼けは綺麗だなぁ。
藤みたいな薄紫の、静かにあっという間に移り変わる空。
晴れるのか曇るのかも分からない、あいまいな空だ。

今はこんなに美しくても、少し後のことは分からない。
ほら、向こうから分厚い雲がやって来る。

……この空のように、これから状況が悪くならなければいいが。

いいや!!!ボクのくせにこんなところで弱気になってどうするんだ!!!今のボクに出来ることは!!!事件の真相を解明し!!!あわよくば片割れも見つける!!!

ただそれだけさ!!!

何もかも万事解決して!!!
ボクはキミとのんびり暮らしたり旅に出掛けたりするんだ!!!

だからせめて、これ以上大事にはならないでくれたまえよ!!!

6/15/2024, 10:34:27 AM

「なんか、その空ぐちゃぐちゃだね。」
文化祭に向けて作品制作を進める友人に横槍を入れる。彼女の手は止まらないままで、私なんて見えていないようだった。
「まだ、未完成なの。」
「え?」
「この空はたぶん、描き終えられることはない。」
「それまたなんで。」
夕焼けになりかけた空に、やわらかな水色の絵の具がベッタリと重ねられる。
「空にはいろんな顔があるからさ、ずっと、しっくりこないんだ。」
「もう真っ暗だから、帰ろうよ。最近ずっとこればっか描いてるじゃん。」
「なんかもうちょっとで、わかってあげられるような気がするんだけどなぁ。」
それとなく彼女の周りに散乱した絵の具を片付けながら、筆を持つその手を目で追っていた。彼女は一体、何を躊躇い続けているのだろう。でもそんなの知ったところで、私が空みたいに曖昧な彼女を理解してあげられる日は来ないだろうから。

6/15/2024, 10:02:02 AM

私は今日、この世界に終わりを告げる。

私は、そのことを知っていた。

もう治らないと言われている病気に、到底払える額ではない手術代。

今日も自分の心音が少しずつ、少しずつ弱まっているのが、わかっていた。

わかっていたから目を閉じた。

辛いなら目を背けて仕舞えば良い。

もう2度と目覚めることがなかったとしても、痛くないならそれでも良いと、私の心のように曖昧な空を見つめながら目を瞑った。



それからどのくらいったのだろうか

私は不思議なところにいた。

恐ろしほどに美しい花畑の中で呆然としていると、白い服を着た、幼い少年に話しかけられた。

おねーさん 何してるの?
ここはおねーさんが来るとこじゃないよ?

そう言われた私が、じゃあここはどこなのかと聞くと、その少年は、くひひっと笑って答えた。

おねーさん知らないの?
ここはあの世とこの世の境目。
おねーさんは、生きれるからここにいちゃいけないんだよ。

そんな答えを突き返され、私はなんだか腑に落ちてしまった。

そうなんだ。
でもね、私は病気なの。
きっともうしばらくしたら死んじゃうから、あの世に連れてかれるまでここにいるね。

そう私が答えると、しばらく黙っていた少年が口を開いた。

おねーさん、空の色、どんなだった?

唐突な質問に、私は驚きながらも、

曖昧な空だったよ。

と答えた。

すると少年が、

もったいないよ。
曖昧な空だってことは、これからもっと綺麗になるかもしれないじゃん。
ほら、俺がこの世に送ってくれるからさ。

と言って、私の体をぐいっと花畑の中に突き倒した。

だんだん体が眠くなっていく。

ぼんやりとした意識の中で、少年が悲しそうに手を振るのが見え、思わず、あなたは戻らないの、名前は何と聞くと、

僕は雨宮透。
いつか会いにきてね。

と悲しげな声が聞こえた、、、、


目が覚めた。

気がつくと私の周りにはたくさんの人がいて、生きるか死ぬか死ぬかの瀬戸際だったと伝えられた。

みんなが部屋を出ていく時、私は看護婦さんに、あの男の子のことを聞いた。

私と同じ生と死の狭間にいたのなら、この病院にいると思った。

すると、看護婦さんは、雨宮透は、昔この病院で死んだ、空が好きな男の子だったのだと言った。

私は驚いた。

でも、彼のあの寂しそうな顔が忘れられなかった。

彼のお墓は、空を見つめられるようにと、小高い丘の上にあるのだそうだ。

いつかこの病気が治ったら、彼の眠るところへ行こう。

そうして、彼の好きな空のことを、伝えたい。

私はそう願い、生きることを決めた。

6/15/2024, 9:59:37 AM

あいまいな空


(本稿を下書きとして保管)


2024.6.14 藍

6/15/2024, 9:58:11 AM

あめあめふれふれ、小さな傘を差した子供が歌っている。

しばらく雨は降りそうもない、晴れ渡る空の下。

側で野良仕事をしていた老婆が「やめとくれ」とボヤく声がしたが、子供は聞こえていないのか歌うのをやめようとはせず。

小さな黄色い傘をクルクル回して、繰り返す。

 あめあめふれふれ、あめあめふれふれ。

そこが気に入っているのか、同じところばかりを。

老婆の諦めたような大きな溜息が、青いブドウが揺れる段々畑に響いた。

テーマ「あいまいな空」

6/15/2024, 9:50:37 AM

「曇ってないか?」
「観測範囲の20%晴れてれば晴れらしいよ」
「つまりハズレの80%引いたと」
「まあそういうこと」

「曇ってないか?」
「雲一つ無い晴天って無いんだわ此方」
「まーじーぃ?」
「まじまじ」

「曇ってないか?」
「……まあ、これから氷河期になるんじゃない」
「っ、お前」
「まあ、雲の向こうから見物しといて」
「なんで……」

‹あいまいな空›


移り気なのだと、振り返った口元は笑っていた。
雨によく似合うその花は、土で色を変えるからだと。
赤に紫のグラデーションが美しい中、
一つだけ鮮やかな青い花弁で立ち止まる。
少しだけ盛り上がった土と置かれた丸石。
桜が赤くなるのは迷信だけど、
酸性の土で青くなるのは本当だと。
そっと、静かに、手を合わせた。

‹あじさい›

6/15/2024, 9:41:36 AM

好きな人へ

すごく仲良さそうに話してたのは誰?

友達の距離感じゃないよね、彼女いたの?

それとも昔から家が近くて〜とか?

変に優しくしないでよ、

でも手を振ってくれたのは嬉しかったありがとう

ほんとは文化祭一緒に回ったり写真撮ったりしたかったな

そんな日の空は自分の気持ちみたいな

曇ってるのに暑いあいまいな空

              『あいまいな空』

6/15/2024, 9:38:55 AM

朝の空は青い
        夕方の空は赤い
         夜の空は黒い


       皆同じ空を見ている


     ブラジルの人が空を見上げる
     まぶしく照る太陽を見上げる
       私も空を見上げる
      静かに輝く月を見上げる

6/15/2024, 9:37:51 AM

(あいまいな空)


 知らないひとと話してはいけないので。
 ぷいと背けられた頬の稜線がまるく、やわらかい。ほのかな灯りに照らされたしろい膚と透けるうぶ毛は、熟れた水蜜桃に似ている。あれに歯を立てたなら、さぞかし甘いにちがいない。
 ほそい腕を捉え、口元を覆い、暗がりへ担ぎ込むだけ。あくびが出そうなほど簡単に思えた。手を伸ばせばそれが叶う、なにも難しいことは無い。
 昏いよろこびが胸を浸す。
 淀んだ心を知ってか知らずか、雲間から場違いに明るい光が差す。まぶしさに刹那まばたくと、目の前のこどもはどこかへ消えていた。
 代わりに、まるで入れ替わりの手品のように、丈高い人物の姿がある。目鼻立ちにこどもの面影があるが、見上げるほどに背が高い。
 そう感じ、即座に違う、と思い直した。周囲を取り囲む植え込みや建造物が、総じて異様な高さに変じている。そろそろと目線を下げれば地面はすぐそこだ。
 遥か高みから、含み笑い混じりの声が落ちて来る。
 
 「誰だって、小さい頃はかわいいものですよ」

 もちろん、きみもね。

6/15/2024, 9:37:38 AM

「 今日はなんだか……あいまいな色の空だね。」



放課後、教室。シチュエーション的にはいいものなのだけど、実際、空はよく分からない色をしていた。

オレンジ、いや赤かな?水色も見える気がするし……太陽は見えているのかな。



僕は何も言わず空を見上げる彼女を見つめて、そっと一言。


「 ━━━━━━━━。」





彼女は清々しい顔で笑った。僕はそれが嬉しくて、一緒にまた笑うのだ。

6/15/2024, 9:36:14 AM

あいまいな空

私は夕方の夜になりかけな
夕方とも夜とも言えるような
そんな空が大好きだ。

1日頑張った私に優しく寄り添ってくれるようだから
多分今日も ベストを尽くせた気がして
多分今日も 進んだ気がして
また明日も 頑張れる気がして
また明日も 進める気がして 

だからあいまいな空が好ましい

6/15/2024, 9:29:35 AM

様々なことに白黒はっきりさせたがる人がいるけどグレーだっていいんじゃないかなって思う。赤だって青だっていいんじゃない。
夕暮れの空は赤や青様々な色が混ざって素敵な空色ができる。
我々も個々が様々な色になっていることで素敵国ができていると思う。

6/15/2024, 9:24:51 AM

空がハッキリしないのは
空がしっかりと存在してるから

空は何者にも支配されないから
空は何時でも見えるから
空は何処にでもあるから

だから、曖昧なんだよ。

誰もが知ったフリをしている
けどね、誰も知らないんだ

空の美しさは
頑張って来た人にしか見えない

辛くなったら空を見るんだ
落ち着くよね
空の雲は、色んな形があるから
見ていて飽きないだろう?

6/15/2024, 9:24:44 AM

あいまいな空
最近は雨が降りそうで降らない日が続いている

このあいまいな空を見ていると誰にも言えない苦しみにもがいていた日々を思い出してまた苦しくなる

6/15/2024, 9:24:24 AM

『あいまいな空』

今日はこれから雨が降るそうな
空を見ればもう雲行きが怪しい

ドライブの気分ではなくなった
読書でもして過ごそうか

以前の私には天気など関係なかった
部屋にずっと閉じこもっていたから

家にこもれば安全だけど
ぽこぽこと自分で不安材料生み出して
結局健康によろしくない

「今日は雨が降りそうですね」なんて
誰かと会話しながら憂鬱になってるほうが
健康的ってものなのだ

6/15/2024, 9:21:45 AM

あいまいな空


綺麗でも、汚いでもない、
鮮やかで、綺麗で、残酷

どこにも行けそうで、行けない
そんな色の空

6/15/2024, 9:19:47 AM

優柔不断な空

雨なら雨で、晴れなら晴れであってほしいけど、曖昧な方が人間味があるからなんだかんだ好きだったりする

白も黒も、表も裏もないのかも。

人は多面体、或いは球体

雨しか降らない場所でも太陽だけが照り付ける場所でもきっと同じ

全世界 気候のない星にも心の中にはあいまいな空が


(あいまいな空)

Next