1年後』の作文集

Open App

1年後』をテーマに書かれた作文集
小説・日記・エッセーなど

6/25/2024, 2:43:24 PM

『1年後』もこうやって旦那と
「おじいちゃんおばあちゃんになっても手を繋いで歩こうね」

と言われて嬉しかった気持ちが継続するといいな

6/25/2024, 2:32:57 PM

1年後

 昼飯時、相棒との雑談中である。
「一年くらいで結婚しようかって言っててさ」
「一年あれば結婚できるの?」
 割って入ってきたのは、普段この手の話題に反応しない上司だった。
「誰か結婚されるんですか?」
「したいけど何すればいいかわからないから、君から聞き出そうと思って」
 俺のリラックスタイムと惚気るチャンスを返してほしい。
「お相手は…」
「まだ付き合ってない」
「…ちなみにその人はアンタのご好意にお気づきで」上司は少なくとも女性に興味がない。
「気づいてないしこのままだと一生気づいてもらえなさそう。どうすればいいと思う?」
 どう考えてもついこの間お目付け役になった新人のことだろう。
 知るかと叫びそうになったところで、相棒が助け舟を出してくれた。
「え、とりあえずお前はどんな感じで出逢って婚約できたわけ?」
 ひとくさり惚気てみたが、上司は流されてくれなかった。

「仮に君みたいに相手の好意を得られたとして、そのあとどうすればいいの?」
「最後は結婚式っす。教会か役所で、証人が二人必要です」
「式…証人…?」
「親族とか友人とか、誰かいるっしょ」
「一人もいない」マジか。
「ちなみに先方は…」
「家族はいない。友人はいるかもしれないけど知らない」
「まあ誰でもいいんで、結婚したことを知られてもいい人に頼んでください」
 元々小柄な上司がさらに小さくなってしまった。上司より小柄な相棒が慰めている。
「まずは頑張って、お相手に気持ちを伝えましょう。まずはそれからですが…難しそうですか?」
「難しいから、とりあえず断れない状況にもっていこうと思う」
 人権軽視も甚だしい宣言がなされたところで昼休憩が終わった。

 一年ほど経って自分の結婚式が済み、事務方に書類を出しに行った。
 書類を渡そうととしたら総務の連中に取り囲まれて、これはどういうことかとタイムズ紙を突きつけられた。
 社交欄には、亡き◯◯卿の次男である上司が「国家公務員の男性」と結婚したという個人情報が堂々と載せられていた。
「いや、今初めて聞いたっす」
 嘘は吐いていない。後から聞いたところ、証人は刑事部長とドクター-お相手のメンテナンスを担当してる人、だったらしい。そりゃあ俺ら下々の好奇心のために何か喋ったりはしないだろう。

 俺が今知りたいのは、あの上司がどうやって新人君の心を摑んだかである。

6/25/2024, 10:19:52 AM

【1年後】

1年後は部活の同期との関係どうなるのだろう。
僕は中高一貫校に通う中学生で、部活は高校生に混じってやるものに入っている。
殆ど高校生で中学生は高校生の10分の1程しかいない。
僕の学校は高校生になると進学コースと特別進学コースのどちらかに入ることになる。
殆どの人が進学コースだ。特別進学コースは頭がいい人のみが入るコースだ。
僕の部活の同期は4人。その中で2人特別進学コースに行くと言っているのだ。
僕の部活は世間から見ると大変な部活だろう。週7で、平日は5時間やり、休日は9時間やるのだから。
特別進学コースに行くと、僕の部活は続けられない。部活を辞めるしかないのだ。
だから僕含めて3人しか6年間一緒に部活ができないのだ。
今同期の関係はちょっとずつ悪くなっている気がする。
よく悪口を聞かされるし、喧嘩はするし。あと4ヶ月後には大会があるが、練習はしていない。
1年後僕はどうなっているのだろう。

6/25/2024, 10:14:05 AM

「ねぇ!来年はどんな事したい?」
唐突に来年の話をする君

今年始まったばかりだよ?
なんですぐ来年の話なんだよ

「わかんないよ。今年の事も決まってないのに」
「ん〜 そっか〜 でもでも、予定があったら待ち遠しいじゃん!楽しみじゃん!」

漠然と曖昧に楽しそうに君は話す

学生時代 将来何になりたいか なんてテーマで作文を書いたものだ

あの頃は本当に何もわからず自分の知っているものの中から選んだっけ
無難な批判も無いようなかと言って誰かのマネにならないように

「きっと君は来年も同じことを聞くよ
来年はどうしたい?ってね」
「どうだろ。来年はもしかしたら今年はどんな1年にしたい?って聞くかもよ〜?」


なんて去年話してたの覚えてる?
「今年」になったよ?

今年はどこに行こうかね?
去年の思い出話
「1年後」になったよ?
今年は先に言おうか
「来年はどうしたい?」

年始に聞くことではないってやっぱり思ったよ

でも、先の予定があるのはちょっと楽しみかも
来年も再来年も言い合って
「来年」に思いを馳せてみよう
1年後が待ち遠しいね

来年なんてそんな未来より明日、明後日、来月でも
なにか予定があると言うのは、いい事かもしれない

明日を生きてみよう
来週から放送するドラマを見よう
来月公開の映画は見たいからそれまでは生きてみよう
他人からすれば そんな事 と思われる様な些細な事も自分にとっては生きる為の希望になる

趣味、希望、理想、妄想
1つでも2つでもいい
いくつあってもいい
明日、明後日、来年の自分を生きる為に

#1年後

6/25/2024, 10:05:09 AM

お題 1年後

卒業式

3月上旬、私達は高校を卒業した。
皆涙を流しているのに顔は笑っている、そんな不思議な時間を過ごした。

卒業式が終わり、自由時間となった。
自由時間になった瞬間に友達が

「ねえ、私1年後何してると思う?」

と聞いてきた。

『え〜…大学行かないなら普通に仕事してんじゃない?内定貰ったんでしょ?』

「…私社会に出れんのかな、」

『あんたなら大丈夫だと思うけどね。』

そんな会話をする。
確かに私達は1年後何をしているだろう。
2人とも内定は貰っているものの、もしかしたらそこを辞めているかもしれない。
もしかしたら結婚しているかもしれない。
もしかしたら、もう2人で一緒に居ないかもしれない。
そう考えると少し寂しい気持ちになってくる。

『…ねえ。』

「ん?」

『就職してもさ、月1ぐらいでは会おうね。』

「え?当たり前じゃん!私あんたに会社の愚痴とかめっちゃ喋る予定だからね!!」

…ちょっと心配した私が馬鹿だったかもしれない。
こいつは離れるなんて考えがまずなかったらしい。
ちょっと嬉しいけど。

<皆外で写真とろー!>

クラスメイトの声が響く。
このクラスでいれるのも今日が最後、沢山写真を撮って帰ろうと思う。
そう思いながら廊下を歩く。
そこに飾られていたのは

【1年後の私へ。】
高校2年生の時に書いた作文だった。
その作文には彼氏はできているかだの、テストはどうだだの書かれていたが、最後の文に

【いつまでも2人でいてください。】

そう書かれていた。
1年前の私。安心してね、
何回喧嘩しても、何回泣いても、きっと離れることは無いよ。

1年後も、2年後も、10年後もね。

6/25/2024, 9:56:14 AM

ただ淡々と過ぎていた日は1年後には
何も覚えていない日々の繰り返しだった。

あなたと出逢ってからは掛け替えの無いものになっていた

嗚呼。一緒に過ごした日々は忘れる事がないだろう。

健やかに一緒に過ごせます様に



#1年後

6/25/2024, 9:38:36 AM

1年後
未来のことなんて想像できない

それが1年後だったとしてもどうなっているのか想像できそうにない

6/25/2024, 9:19:53 AM

信じて。約束する。
1年後にぜったいに迎えに行くから。


「嘘つき」
1年後、あなたは帰ってきた。背が高くてがっしり体型だったあなたが、今は小さな箱に納まってしまっている。私の胸に抱かれて、なんの言葉も発さない。
肉体は昨日荼毘に付された。色黒な人だったけど、とても綺麗な白い骨をしていた。からん、という音が静謐な場所でやたらと響いた。

ねぇ、今日って何の日か知ってる?あなたと離れ離れになってちょうど1年経つ日だよ。そしてあなたは今日、私のこと迎えに来てくれる予定だったんだよ。でもこんな形で再会なんて、許せるわけないじゃない。これじゃ約束守ったことにならないよ。ひどいよ、ずるいよ。
もっともっと責めたかった。けれど遺品の手帳の今日の日付けのところに大きな丸印がついていたのを見つけたら、私はもう何も言えなかった。言ったところであなたは聞いてくれないんだけどね。
「……馬鹿だね、ほんと」
あなたは世界一の大馬鹿者だよ。こんなことになるなら約束なんかしなきゃ良かった。あの時もっとちゃんと、あなたの話を聞いとけばよかった。

6/25/2024, 9:16:41 AM

#1年後

6/25/2024, 9:12:01 AM

「あの日だって、最後まで楽しくて」
「でも在り来りに色褪せる思い出になると」
「……思ってたんだよ、馬鹿」

‹1年後›


眩しく温かな未知と
ちょっとだけ暗く怖く
美味しい楽しさと
苦手な嫌い
痛むような暑さ寒さも
柔らかな影に隠れて
伸ばされる手の柔らかさに
愛し合いされること

素敵な世界だと
思ってた

‹子供の頃は›

6/25/2024, 9:11:08 AM

久しぶりですね。

1年前の私は、今ちょうど、いろんなことに悩んで戸惑っている時期でしょうか。
お察しの通り、私は1年後のあなたです。

中々どうしてこんな機会もないので、少しだけ、手紙を書くことにしました。
大きなネタバレは含みませんのでご安心を。
きっとちょうど大変な思いをしている時でしょうね。困って、本を読んだり、友達に聞いてもらったり、職場の人に相談したり、嫌になって意地になったり、色々だと思います。
そうやって1年前のあなたが頑張ってくれたおかげで、今は割と、平穏な生活を手に入れています。

思い返せば、になるから、今そんな悠長なこと言われても!って感じでしょうね。私もおんなじこと思うと思います。だって私はあなただから。
アドバイスとか、ないです。しません。今幸せだからです。あなた作ってくれたたくさんの贈り物を貰って、穏やかに暮らしています。
そして、今の私は更に1年後の私のために頑張っています。そうやって、ずっとこの先が続いていくのだと思います。
今ちょっと大変なのは、転換期だからですよ。
おやすみ期間で、力を溜めてるだけです。
そして、今したいこと、欲しいものは、全部正解です。全部私の身になってます。欲しい本も、香水も、洋服も、ちょっと高いお財布も、気になってたドーナツも、行きたい展示会の情報も、ぜーんぶ、1年後の私のお気に入りリストに入ってます。そして、まだまだ増えるんですよ。面白いでしょう?

こんな手紙でいいのかな。少し力になれたでしょうか?面白みが足りなかったりします?
1つ大きめのネタバレをしましょうか。ここから1年、あなたは大きく動きだします。いつもの場所じゃちょっと物足りなくなります。そしておもしろい方向に行き出します。なので、軽い足取りで、今日も明日も進んでみてくださいね。
そして、動き出したら今度、どんどん歩幅が広くなるんです。やっぱりこれも、面白いですよね。
あなたならこれを面白いと言ってくれるでしょう?
だって私はあなただから。

6/25/2024, 9:11:08 AM

この人と仕事したいと

思われる人になっていたい

この人と仕事したくないと

思われる人にはなりたくない

◼️1年後

6/25/2024, 9:10:53 AM

1年後(下に創作あります)

人間も動物も植物も、未来は分かんない
だから当然、明日も1週間後も1ヶ月後も勿論1年後も
未来こわい……

あと、これは関係無くて、「日常」がお題の時考えたけど、その時と昨日言うの忘れてたんだけど、言いますね、
マジでしょうもないけどね

 日  ←こうすると人に見えません…?
 /常\    それだけです!!
| \

創作)20話

安達優生:あ、千尋くん!本当にこの学校来たんだ!何組何番?!
八木千尋:あ、1組1番です!!
優生:え、マジ…?もっと賢いとこ行った方が良かったんじゃない?
千尋:あ、ここも充分賢いって言われましたよ、あと、僕一応バスケ目的で来てるんで、、
優生:んー、そっか、そういう人も居るもんね…!
千尋:…あの、1年後も僕たち一緒にいるのでしょうか…
優生:えー?唯ちゃんも「ずっと友達なのかな…」って聞いてきたんだけど…、まぁ、普通に居ると思ってるけど…?
千尋:あ、唯さんも…!!(そういえば、ねーちゃん唯さんの事好きって言ってたよな…)未来に進みたい気持ちはあるんですけど、勇気が無いと言うか…
優生:そっか、、人それぞれ心配な事はあるよ!!ポジティブに行こ!!
千尋:……はい!

6/25/2024, 8:55:07 AM

題 1年後

私には分からない、この恋の行方がどうなるかなんて。
あいまいな関係が続いてる。

普通に話してるけど、男友達なんて、友達なのかな?
男女の友情なんて成立するのかな。

話せば話す程切なくて。

もう友達なんてやめたい。

でも・・・関われなくなるのは辛い。
どう思われてるのか分からない。

「テストどうだった?」

あなたの優しい声。

「うん、まぁまぁだったかな!ミキトは?」

「オレ、今回はだめだったかも。まぁまぁか、じゃあいい点数取れるかもな」

「うん、そうだね」

あなたが隣に並んでくれるだけで、嬉しい、ドキドキする。
あなたと会話できるだけで嬉しい。

言葉を交わせるなら、内容なんてなんでもいいから。

「もう帰るの?」

とミキト。

「うん、先生に部活のことで話があって。今日は部活ないから、教室帰って家帰るよ。ミキトも・・・?」

カバンを持ってるミキトを見て問いかけると、ミキトは頷いた。

「うん、オレももう帰るとこ。一緒に帰るか?」

そのセリフにドキッとする。

「あ、うん」

すぐに即答する。

「分かった、下駄箱んとこで待ってるから」

「じゃあ、カバン取ってくるね」

ミキトが頷く。

私はウキウキとカバンを取りに階段を上がる。

ミキトからしたら大したことないのかも。

ただの女友達と帰宅するだけだ。
でも、私にとっては凄く意味のあることで。

凄く凄く嬉しかった。

ミキトからどう思われているか知りたい。

ねぇ、このままいつまでこの関係は続くのかな。

1年後、私たちの関係は少しは変わってる?

このままの関係でいるのが、私は辛いよ・・・。

私はミキトと恋人になりたいから。

でも告白する勇気なんてないくせに。

だから、何も言わずにただ、ミキトの横にいるだけなんだ・・・。
それがいいことだなんて思ってないけど・・・。

どうしていいか分からないから。

もし1年後勇気を出したら。
少しは関係が変わるかな。

私は未来に想いを馳せる。
もしも少しでも関係が変わるなら、私は・・・頑張れるかな。

私は自分に改めて問いかける。

そして、カバンを取って頷く。

・・・頑張りたい
諦められないから。

そして、今度ミキトをどこか遊びに誘おうと決意したのだった。

6/25/2024, 8:55:06 AM

好きな人に気持ちが言えなかった、高校最後の日から1年が経った。

卒業してからもしばらくその人のことは忘れられなかった。

けれど、大学に入学してすぐ、私のことを好きだと言う男の子が現れた。

彼のことはよく知らなかったけど、友達から初めて、お互いを知っていって、気づいたら私も好きになっていて。

正式に付き合い始めた頃には、高校の時好きだった彼のことは思い出さなくなっていた。

記念日にに彼が贈ってくれた、お揃いのネックレス。
嬉しくて一緒に写真を撮って、彼に便乗してインスタのストーリーに載せた。

少ししていいねの通知が来た。

「誰だろう?……えっ」

それは、高校の時に好きだった人からのいいねだった。

「どうかしたの?」
「う、ううん!なんでもない!」

彼氏にはなんとなくそのことは言えなかった。

このいいねにどういう意味が込められていたのか。
卒業してからはどうしているのか。

そんなことが頭に浮かんだけれど、それも今更なことだ。

あの日のことは心残りだけど、今は彼氏と一緒にいられて幸せだから。

もう忘れよう。


お題『1年後』


※2024/6/16『1年前』の別視点

6/25/2024, 8:51:36 AM

一年前、まだ新しい履き慣れないローファーで足を痛めながら通った高校生活。今ではすっかり運動靴に変わっている。残念ながらローファーになれるまでの忍耐力を持ち合わせていなかったのだ。クラスの友達や周りの人のローファーを見るたび、「この子は修行を耐え抜いた猛者なのか…」と驚く。

それが、つい先日までの話。すっかり履き慣れた運動靴を履き、よれたスクバを背負い、チャリを漕ぐ。もう、受験に追われる日々だ。

だけど、一年後、高校以上にやりたいことに打ち込める、楽しい日々があると思うと、少しだけ頑張ろうって拳を握れるんだ。

頑張ろう、コロナ明けの元通りの受験生。

【一年後】

6/25/2024, 8:50:49 AM

「アーヴィン教授」
最初は誰に呼ばれたかわからなかった。声の主が彼女だと知った瞬間、私は彼女に抱き着いて涙を流した。昂ぶる感情のせいで、腕の力を緩めることが難しい。
「綾音くん、君が私を呼んでくれたのか?本当に?」
「えぇ、真っ先にアーヴィン教授のことを呼ぶつもりでしたので」

『筆から声音へ』1年後

6/25/2024, 8:49:50 AM

1年後の世界は、今よりもっと素晴らしいだろう

きっと

1年前の私も、そう呟いた

6/25/2024, 8:46:59 AM

「1年後」

 今日は美樹の57歳の誕生日だ。
 夫からも2人の娘からも、もう20年は「おめでとう」のひと言もない。誕生日といっても特別な日ではなくなった。
 子どもの頃には、父が仕事帰りにデコレーションケーキを買って来てくれて、母が大好きなハンバーグを焼いてくれた。小さなお誕生日会だったが、とても嬉しかった。
 
 来年は58歳だ。美樹は、1年後に自分は生きているのだろうかと思う。
 若い頃は希望に満ち溢れていて、来年が来るのは当たり前で、良い生活をして幸せになっていると信じていた。
 しかし、冷静に考えると、地震や水害などの自然災害、火事、交通事故、事件、戦争、病気、未知のウィルスなど生命に関わる要因はたくさんあるではないか。逆に、これらを避けられたのが奇跡的に思える。
 まあ、ネガティブに明日の我が身を案じて生きるよりも、1年後に幸せな58歳の誕生日を迎えることを信じて生きていくか、と気持ちを切り替える美樹だった。

6/25/2024, 8:26:24 AM

「あ~良かった!1年前の二人の仲の悪さをみて、正直どうなるか心配だったけど、そんな不安がることなかったよ〜」

「……私達のどこが仲良さそうに見えるんだ、光莉」

「誤解しないでください、お嬢様。これはただ、面倒事を避けるためにしただけの事。決して、夜弥様を助けたわけではありません」

「助けなど必要ない。こいつが勝手にしたことだ」

「えぇ……?でも二人とも嫌そうな顔してなかった気がするけど……」

「「それは違う!/違います!」」




——お題『1年後』

Next