突然の別れ』の作文集

Open App

突然の別れ』をテーマに書かれた作文集
小説・日記・エッセーなど

5/20/2024, 9:12:18 AM

最近調子が悪いので
少しお休みを戴いておりました

夜の夢で月の下
愛しい御方と戯れておりました

真黒な燕になって
猫に食まれておりました

暗く深くどこまでも沈んでおりました

赤い月を未だ見ないので
愛しい御方の御子に逢えるやもしれません

夜の月の下ぽつぽつと輝く花畑
白詰草の季節です。

5/20/2024, 8:51:53 AM

突然の別れ
ローストメモリー


「親戚の叔父さんが亡くなった」
父から聞かされた時何の感情も抱かなかった。
たった一言、
ふーん、あぁそうなんだ。
としか言いようがない。

わたしが幼い頃、良く遊んでもらっていたと聞いたけど正直覚えていない。以前祖母の家にお邪魔した時見せてもらったアルバムには、確かにわたしと若かりし叔父さんが居て沢山撮られていた。一枚を収めるスペースに二、三枚収納されて、一冊のアルバムに収まりきらない程にわたしを良く可愛がってくれた事が知れる。

赤子のわたし、食事をボロボロとこぼしているわたし、泣きじゃくるわたし、幼稚園に入園したわたし、運動会でヘロヘロなわたし、男の子とケンカするわたし。
気がつけば物入れの奥にしまっておいたそのアルバムを引っ張り出していた。

あれから何十年経っていようとも形を残し続ける紙切れに、少しだけ懐かしさを覚えた、不思議な感覚。
電車に揺られて一時間最寄駅からバスを使って三十分、そこから更に徒歩で数分歩いた先に叔父さんの家がポツンと建っている。長い様で短い道中に思いを馳せる事もなく、細長い板に仕事の引き継ぎやら連絡なり忙しなく叩くのに夢中で、旦那に声を掛けられ無ければ乗り過ごす所だった。

喪主を務めたのは遠い遠い親戚、お父さんの兄弟のそれまた親族のやらだとか、当然交わす言葉も少なく軽く会釈をし香典を渡す。
「お悔やみ申し上げます」

棺の窓から覗いた叔父さんは、心なしか笑顔で若く見えた。最期の別れだと言うのにわたしの心はそれ以外の感想が思い付かず、薄情な奴なんじゃないかとほんの少しだけ責めた。

棺の中に収めたのはあのアルバム、わたしとの思い出と共に焼かれ、向こうの世界に送られたなら叔父さんも喜んでくれるかも知れない。
いつかわたしの子供が結婚して孫からその先の代へ受け継いだ後、まだ見ぬ子孫にもわたしの事は微塵も記憶に残らない。因果応報そう思えばわたしの恩知らずな言動も許されるのかも。

なんて変な事考えてる間に火葬から出てきたお骨を箸で拾ってる訳で、もうじきに式は終盤。わたしの手伝いもいよいよ無くなる。そんな時声が掛かる。
喪主から差し出された
「良かったらどうぞ」
ありがとうございます、だなんて返したものの寄りにもよってアイスコーヒー。実はニガテ。

これは一向に思い出せないわたしへの罰なのか、はたまた偶然なのか。半透明のカップに注がれた黒色の液体をじっと眺めて、そういえば火葬後の叔父さんも所々黒くドロドロしていたなって。
不謹慎ながらも変な言葉が思い浮かんでしまう。

忘却/焙煎 記憶
ロースト メモリー  なんてね。

意を決して飲んだけど、やっぱり苦くて辛い。
そんな事で思い出せる訳もなかったけどね。

終わり

5/20/2024, 8:49:37 AM

はじまってたんだと思うけど気付けないことが星の数より多いからさ、いのちのはじまりから世界のおわりまで誰もちゃんとわからないままだ。静かに消えていく無数の残骸が夜空に瞬いている。今日も星が綺麗だね。
 おわかれは言葉にするより早いけど、ほころびは本当は結構長くあったのかなあ。痛みを分け合って微笑みあう生活は、冗長な尺伸ばしの7話目みたいだ。止まっている針を一分ずつ動かして誤魔化していた。このままどこかにいって、帰ってこないでよね。
 突然だったならそれが一番いいでしょう。さよならの言い方を考えるのは難しいじゃないか。「月が綺麗ですね」…みたいなことで伝わるんだろうか、って決めきれないよ。それは星がまたひとつ落ちる間に。

5/20/2024, 8:47:19 AM

まだあると 調べもせずに 思ってた 期間限定 メロンのフラペ

お題「突然の別れ」

5/20/2024, 8:40:25 AM

幼稚園の頃から、
ずっと同じクラスの友達がいた。
いつもいつも一緒にいた。
家も隣で、すぐ会えた。

小学校でも、Aくん(仮名)とは仲がよかった。
6年間、クラスが一緒だった。
絵を描いたり、歌ったり、
たまには喧嘩もしたけれど、
仲良しだった。
友達も増えて、
あの頃が一番幸せだった。
中学校にも、Aくんと友達3人で行こうと、
そう約束した。

中学生になって、
初めてAくんと別のクラスになった。
Aくんは優しくて面白いから、
たくさんの友だちができた。
楽しそうなAくん。
なんだか邪魔しているようで、
私はAくんに話しかけられなくなった。

そして今、Aくんとはまた別のクラス。
でも私は、またAくんと話すようになった。
Aくんが、友達でいてくれる。
それだけで嬉しかった。

ありがとう。

5/20/2024, 8:25:54 AM

お題を見て、息が止まる。


あの子のことが、

あの日のことが、瞼の裏で再生される。


生まれつき、腎臓が弱かった私の猫姫。


初めて出会った日のことから、

最期の時まで——


全部ぜんぶ、記憶に焼き付いている。


もう長くないことは、わかっていたけれど。

でももう少しはと、思ってしまっていた。


そう思い込んでしまうほど、

あの子は、頑張ってくれていた。



心は、魂は一緒と、信じる。

信じていたい。


だけどやっぱり

姿も声もなく、触れ合えないことは、

ただただ、哀しい。


今生最後かもと
心のどこかで思って接したところもあるのに

全然、足りなかった。



永遠なんて、どこにもないから。

約束を、信じる。


この世では、お別れになってしまったけれど。

ずっと心と魂は一緒だと、

あの子に告げた、約束を。

5/20/2024, 8:24:14 AM

深く息を吸って。
好きな俳優が、現場に突入するシーンが重なって見える。彼が銃を構えるように、私も携帯を握り直す。

彼氏とはもうやっていけない。
二度も裏切る人間と将来幸せになれるとは到底思えないから。

背中を押してくれたあの男の人は、どこかあの俳優に似ていた気がする。

ドアを開け、レンズを彼らに向けた。

Title「また貴方を応援するために」
Theme「突然の別れ」

5/20/2024, 8:23:11 AM

♯突然の別れ

昨日までここでくつろいでいた猫。近づいても逃げずに撫でさせてくれた。今日も会いたくて行ったらもうそこにはいなかった。
さよならぐらい言いたかったな。

5/20/2024, 8:22:36 AM

突然の別れ

できればあってほしくないものだ

けれどそれはいずれやってくる

いなくなってしまうのが自分かもしれないし一番大切な相手かもしれない

お別れが言えたとしても言えなかったとしても、いい別れができる付き合いがしたい

悔いが残らないような付き合い方を

相手の幸せを願い続ける

5/20/2024, 8:18:48 AM

「突然の別れ」

お気に入りのキーホルダー。出勤鞄に居たあの子。
いつも私に勇気をくれてた。朝まで一緒だったのに。

5/20/2024, 8:13:28 AM

たくましい君が好きだった。


いつだって僕の前を歩く君。
半分こでは多い方をくれる君。
行列はいつも僕に前を譲る君。
何にも怯まず、僕を守ってくれる君。
大口を開けて笑う、豪快な君。

そんな君が戦争に行って、ようやく帰ってきた。

背中には浴びたように銃痕が残っていて、
燦燦と降り注ぐ太陽に照らされた君の顔は
より青白く、くすんで見えた。




辛かったのかな。
怖かったのかな。
逃げたいと思ったのかな。

懐かしさで死にそうになっただろうか?
温かい布団。
みんなと過ごした狭い畳。
代々使い古された二輪車。
どれも当たっていそうで、当たっていなそうで。

君は死に際、何を思ったんだろう。



いつまでも続くはずだった。
いつまでも続いてほしかった。



濃緑の軍服は擦れ、錆びている。
綺麗だったあの眼差しは、もう見れない。


それでも、進まなければ。

響くケロイドは、君の証だ。
戦争を生き抜いた、僕のタトゥーだ。


今世の別れなんて、もう味わいたくない。

5/20/2024, 8:11:42 AM

毎日一緒に学校へ行ってくれる人がいる

保育園からずっと一緒なんだ

これからもずっと一緒だと思ってた

君もずっと一緒だよって言ってくれた

なのに

君は遠くへ行ってしまった

私に何も言わず

まるで君がいなかったかのように

皆は君のことを話さない

どうして

ずっと一緒って言ったのに

5/20/2024, 8:08:38 AM

水鳥だって水面を汚さず飛び立つことができるのに、あなたって人は。

お題:「突然の別れ」

5/20/2024, 8:03:47 AM

大雨の翌日のこと、秘密で使っていた七輪との突然の別れである。なんとか水が当たらないようにしていたけど、湿気の方で駄目になったみたいだ。彼を見ると、形あるものはいずれ壊れる。と言って少し寂しげに七輪を砕いて処理をしていた。同じものは帰ってはこないけど、新しい物を用意してあげようと思った。

5/20/2024, 8:01:58 AM

突然の別れ

「おじいちゃん、公園行こう!」
私が6歳のとき、おじいちゃんは元気でたくさん遊んでくれた。
毎日それが1番の楽しみだった。

おじいちゃんは70歳であの世へ行ってしまった。
私はこれまでの人生の中で一番辛くて、一番悲しかった。
今でもそのことは、はっきりと覚えている。

5/20/2024, 7:57:45 AM

「俺達はずっと一緒だよな?」

「え、いきなりどうしたの?」

その日は僕達の父親が亡くなった日だった。

過労死だったらしい。

止められなかったことへの嫌悪感、不快感。

でも、仕方なかったんだと自分に言い聞かせた。

父親の死は必要な事として気持ちを落ち着かせた。

そんな自分に腹を立てるのはおかしいのか。

あっているのか。

身近な人の死を正当化することなどあっていいものか。

分からない。

わからないけど涙はでてきた。

胸にモヤモヤしたものを抱えながら。

止められない涙を一心に拭った。


僕達の家は父子家庭だった。

母親が出ていったのは僕が一歳の頃、兄が2歳の頃だったと父から聞いている。

新しい男を作って自分から離婚届を差し出してきたらしい。

元々手癖の悪い母親にそこまで疑念は感じなかったと言って父は笑った。

そんな父の顔は思い出せなくなっていた。

今まで一緒にいたはずの、父親の顔。

写真を見ないと思い出せない。

そう言えば最近父親と会っていなかった気がする。

あやふやなまま、でも気持ち悪いとも思わない。

そのくらいどうでもいい事に成り下がった父親との記憶。

僕にとっては今が全てだった。

だが、兄は違った。

部屋に閉じこもるようになり、毎日泣き声が聞こえてきた。

兄は思っていた以上に脆かった。

僕の声など届かなくなった兄。

優しかった兄は一瞬にして無くなった。

たまに部屋から出てきたかと思えば、僕や引き取ってくれた親戚に当たり散らすしまつ。

ときには殴りかかられたことだってある。

兄にとって父親という存在は柱の様なものだったと初めて知った。

その柱が無くなり支えきれなくなった精神はやがて崩壊する。

その先はきっと破滅のみ。


考えたくなかった。

考えないようにしてたんだ。

ベランダ付きのマンション。

こんな所に住んでいるのが悪かったのか。

兄はベランダから身を投げた。

「何で?なんで?ずっと一緒だって約束したのに」

僕はまた身内を亡くした。


                             ー突然の別れー

追記:次は主人公かもしれません。

終わり方、気持ち悪くなってしまってすみません。

読んでくれてありがとうございました。

5/20/2024, 7:55:00 AM

SNSで別れを告げずに、
消えてしまうなんてこと引きも切らずある。

私は何回もしたし、何回もされた。
「お別れは一言言ってからね」
なんて、約束しても意味無かったね

別れは突然来るんだから。


No,4¦『突然の別れ』

5/20/2024, 7:43:49 AM

彼と私は愛しあっていた。
世界一なんて薄いもんじゃない。
ずっと、愛していた。

なのに神は残酷で
私の宝物を奪っていった。
彼があいつの物になるなら私の物のまま終わらせたい。

何回も愛を伝えた。
彼に馬乗りになって私の愛を何回も伝えた。
この手で。
愛していたって、何回も。

そのおかげか、彼は私の気持ちをわかってくれた。
大人しくなった彼を横目に、涙を拭った。



彼がくれたハンカチは、いつの間にか赤くなっていた。




“突然の別れ”

5/20/2024, 7:32:29 AM

学校の部活が忙しく、なかなか祖母の家に行けなかったが、飼われていた犬が死んだと連絡があり、会いに行く。ずっと会いに行かなかったことが後悔。冷たくなって動かない、かわいいままのチェリー。

5/20/2024, 7:30:48 AM

突然の別れ

身近な人が亡くなった時、亡くなった実感が持てない。
きっと、どこかであの人は生きているのだろうって思っちゃう時がある。もういないのに。
そんな時その人の言葉とか行動を鮮明に思い出せるんだよね。
人は死んでも、死んでないよ

Next