あなたがいたから』の作文集

Open App

あなたがいたから』をテーマに書かれた作文集
小説・日記・エッセーなど

6/25/2024, 2:43:44 PM

【あなたがいたから】

あなたって誰のこと?
あなたがいたから頑張れたとか、
あなたがいたから助かったとか、
相手に感謝する系がいい人間関係の中で起こる「あなたがいたから」。
「あなたがいたから」は「あなたのせいで」とニュアンスが似てると思う。
影響を与えられてどう受け取るか。
自分自身からもそうだと思う。

6/21/2024, 6:59:48 PM

2024/06/21

『私は私の為に花を買うよ』

宮沢 碧


 珈琲は飲まなくなった。自分のために丁寧に入れるのは無精な私には無理。でも慣らされた舌とは不思議でインスタントではもう違和感を覚えて飲めない。

 スクランブルエッグは甘めに出来る。そこに海外製のでっぷりした濃いケチャップをかけるのがお気に入り、最高。ウインナーだって忘れない。ぺろっとフィルムをめくってスライスチーズを乗せれば至高。鶏レバーのパテもお皿に添える。

 でも不思議。

 昨日の夕飯の残り物が増えていくの。洋風にしたはずの朝ごはんに昨日の切り干し大根を添えざるを得なくなる。昨日炊いたご飯を温める。冷蔵庫の鮭は昨日の朝焼いた。どんどん残っていくの。作るのをやめたらいいのかもしれないけれど、何か新しいものを作らないではいられない。

 あなたの不在に耐えられない。

 閉めたままの窓からカーテン越しの朝日がテーブルに差し込む。やさしく亜麻色に光る木のテーブル。

 さすがにお皿を用意したりも、ランチマットを敷いたりもしない。

 いないことを理解しているから好きな味付けにしているくせに、食欲が落ちてる自分に気づかない。1人だとわかっているのに、なぜか少し多めに作ってしまう。

 前向きな心と後ろ向きな心が振れ幅の大きい振り子のよう。

 人はそれを依存というけれど、そういうものじゃないの、大体の関係って。馴染めば溶け合って、いない事に不自然さを感じて。

 相手のためにごはんを作る。相手がいるところを心にすこし作ってあげる。

 相手にしてあげられるのに、私は私の為に珈琲を淹れることができない。

 自分を甘やかしてあげることができたら。あなたのためを私のために変えたら。心のささくれを壁のようにパテで埋めて傷を治すの。私はレバーパテを口に運ぶ。

 ああ、そうだ、花を買おう。

 私は思いつく。

 私が眺めるためだけの花。

 私のために花を買ってあげられる人になる。

 珈琲を自分のために入れてあげられる人になるために。

 あなたがいたから自分を愛し直す。あなたが私ががっかりしない未来のために。


お題 あなたがいたから

6/21/2024, 6:51:11 PM

あなたがいたから楽しかった
あなたがいたから頑張れた
あなたがいたから初めて本気の恋をした
あなたがいたから幸せだった

でも

あなたがいたから苦しかった
あなたがいたから辛かった
あなたがいたからたくさん泣いた


だからそんなあなたにお別れを告げたいと思います


今日までありがとう。
あなたがいたから今の私がいます。
大好きでした。


-あなたがいたから-

6/21/2024, 3:48:29 PM

「痛い?痛い?ごめんなさい。ごめんなさい…望んだの、ごめんなさい」

謝罪の言葉を繰り返す彼に、大丈夫の一言さえ伝わらない。
身体が重い。あまり間を置かずに応えた反動なのか、何をするにも酷く億劫だ。

「嬉しい。嬉しい…ごめんなさい、ありがとう」

望まれ差し出した左手で、ぎこちなく髪を撫でられる。不器用な優しさに段々と意識が微睡んでいく。

「待っていた。ずっと。ずっと。あなたがいた。来てくれた…だから、一緒。一緒に。ごめんなさい。ごめんなさい」

繰り返される謝罪の言葉。微睡み上手く働かない思考の中で、どうすれば彼に伝わるかをぼんやりと考える。
大丈夫だと。気にする事はないのだと。
差し出した場所の痛みはなく。出会う前に強く感じていた焦燥感や衝動も収まり、とても穏やかだ。
だからもう謝らないでほしい、と。重い右腕を必死て動かし、頬に触れた。

「相変わらずだな。オマエは」

揺らめいて、彼の姿が白から黒へと変わる。
呆れたような言葉とは裏腹に、その表情はとても楽しげだ。

大丈夫だから、もう謝らないで。

声なき言葉で彼に伝える。
伝わったのだろう。僅かに目を見張った彼は次の瞬間には薄く笑い、頭を軽く叩いてきた。

「その見目で大丈夫とは言えないだろうが」

今の姿を自覚させるように、左手が伽藍堂の左眼の縁をそっと撫でる。

「あまり気軽に応えるな。さらに望みたくなる…諦められなくなるだろうが」

微かな呟き。
思わず身を起こそうとすれば、左腕がそれを許さずに。逆に引き寄せられ、彼に身を預ける格好になる。

「逃げるな、ここにいろ。オマエがここにいる限り、オレ達はこれ以上を望まない。弟がオマエを損ねる事を嫌がるからな」

顎を掬われ、視線を合わせて告げられる。元は自分の左眼だというのに、強い光を湛えた金から視線を外す事が出来ない。

「オマエがいる事で、弟は希望を見出した。だがオレは諦観を否定された。その責任を取ってくれ……あぁ、違うな。オマエにはこう言った方が満たされるか」

一つしかない金が、弧を描く。顔を寄せ、互いに触れ合いそうな距離で彼は囁くように告げた。

「オレ達とこの先も共に在る事を、オレ達は何より望んでいる」

望まれる。私の中の妖の衝動が応えろと声を上げる。

霞む意識の中、望みに応えようと言葉を形作る為に口を開いて。

けれど、それよりも速く。
それ以上を許さぬように吹いた一陣の風が。
視界を覆い、そのまま意識をも隠していく。

「返せ」

それは誰の声か。
確かめる事は出来ぬまま、意識が落ちる。


「ーーー銀花」

懐かしい声が名前を呼んだ気がした。



20240621 『あなたがいたから』

6/21/2024, 2:59:15 PM

あなたがいたから
コーヒーを飲めるようになった

あなたがいたから
3キロも太った

あなたがいたから
朝起きられるようになった

あなたがいたから
早く家に帰った

あなたがいたから
あの時逃げなかった

あなたがいたから
あなたといたかった

今までありがとう

6/21/2024, 1:54:54 PM

ありがとう
あなたがいたから私は生きていられる
彼女をうしなった時
深い喪失感に絡め取られることなく
細い糸を手繰るように這い上がれた
あなたがいたから
いつか必ずその背を掴み
彼女の元へ
必ず、必ず落としてあげる

生きる力を、ありがとう


“あなたがいたから”

6/21/2024, 11:44:20 AM

お母さんへ

あなたがいたから私がいます。
ほんとにありがとう。
私はしばらく話してないけど、お母さんと過ごした何気ない日常は宝物だよ。

6/21/2024, 10:08:32 AM

_あなたがいたから_


「ねぇ、貴方が居なくて、私が居なかったら私達今頃どうなってたんだろうね。」

「は?どゆこと?急にどうしたんw」

「ただちょっと考えただけ〜、」

「ん〜、…わからん。」

「え、なにそれ。本当にちゃんと考えてる?w」

「あぁ、考えてるよ。」

「じゃあちゃんと答えてよ。」

「俺の未来には、過去には、今お前がいない世界なんて考えられないから。」

「えっ…それって、つまり…どういこと?」

「…お前がいない。って事なんか考えた事ないから…。いないとか、会うはずもなかった。とか、絶対嫌だよ。」

「そ、そーなんだ…。貴方からそんな言葉が出るなんて考えもしなかったわ。」

「…それは酷くない?w」

「いやぁ〜?w…。ふふ、ありがとね。」

「…ん。」

6/21/2024, 10:06:26 AM

いろいろあって久しぶりにここへ来た。
 そうしたらお気に入り登録したひとのなかにも更新が止まった方がちらほらいた。

 ひとりは、毎日ほぼ決まった時間に投稿する、たぶんずっと歳上のひと。何気ない日常の出来事や思い出を書き綴る言葉の端々から、とても物知りであることがうかがえた。

 もうひとりは、もしかしたらまだ学生かもしれない。最後の一文でハッとさせるタイプのショートショートをよく書いている。有り体に言えば少し嫉妬していた。息抜き程度にのんびり構えていたアプリで、読みたいけど読みたくない、そんな気持ちにさせられるとは思ってもみなかった。

 最後のひとりは、上のふたりよりずっと短い投稿のひと。たった一文だけの日もざらだ。でもいつも、胸にスッと飛び込んでくるような言葉を持っている。こういうのを、箴言というのだろうか、なんて思ったりした。

 自分のことは棚にあげて淋しくなっている。
 早く戻ってきてほしいな、なんて。



(あなたがいたから)

6/21/2024, 9:54:09 AM

寒い日に体を温めてくれたり
朝まで布団の中にいてくれたり
イライラして叩いてしまってもそばにいてくれたり
私のそばで気持ちよさそうにくつろいでくれたり
口を鳴らしたり膝をポンポンするとすぐ来てくれたり
何もなくてもすり寄ってきてくれたり

幼少期
あなたがいたから
思いやりや優しさを学び
感情豊かになることができました

ありがとう
私の三毛猫

6/21/2024, 9:53:03 AM

あなたがいたから/

あなたがいたから、なんて
そんなか弱い女じゃないわ

わたしはひとりで生きてきた
荒波を掻き分け懸命にもがいてきた
強くあろうと努力した

甘えるなんてごめんだわ
甘えられるのはもっと嫌

そんなときあなたに出会ってしまった

弱さを隠すことなく垂れ流すような
どうしようもないあなたに。


昔なら見向きもしなかったわ
わたしも歳かしらね

嘘がつけず素直で正直で
いつも頭をかかえているあなたを
かわいいと思ってしまったの

それからあなたは犬のように
わたしに懐いてきたわね

飼い主と犬のような関係

だけど飼われていたのはわたしの方みたい

ほんと、罪な人。

あなたがいたから
わたしはただの女になってしまった

6/21/2024, 9:52:37 AM

あなたがいたから

娘達へ
今は好きな人がすべてで
あなたが居るから私が居る…
みたいに思えても、
自分の事を大切に、誰かに頼る事なく、自立して、自分の人生を自分の力で生きていける女性になって欲しいな…

6/21/2024, 9:50:23 AM

あんたがいたから私の学校生活が楽しくなれたの
私にとってあなたはとても大事な人なの

6/21/2024, 9:49:09 AM

あなたがいたから

子供の目はとても雄弁だった。
置いていかないで、と。

思わず舌打ちした。一人だけなら、誰かに飼われる形で、生きていけるかもしれないと思っていたからだ。
それでも頭に浮かぶ未来は悲惨なものばかりだ。一人でも生きていくのに必死なのに、自分よりも年下の女の子を連れて行けると思えなかった。

するとすぐに子供の目がどんどん滲んでいく。泣くのかと思えば声も出さずに涙が零れていく。
自分で拭うこともせず、俺を見て立ち尽くす。

その涙が、とても綺麗だと思ったのだ。
嫌な未来がどうしても頭をよぎるが、置いて行くことも出来なくて、生き残るために考えていた計画は諦めて、俺はその子供の腕を掴んだ。

「行くぞ」
子供の反応を待たずに歩き出す。
後ろで「ありがとう」と小さな声が聞こえた。

戦争だらけだった世界は、何ひとついいことも無く、多くの国と人間に被害だけを齎した。自治なんてあってないような世界で、子供二人で生きるのは過酷だった。

それでも生きてこれたのは、多分一緒にいてくれたからだと思う。

「あなたがいたから、わたしは生きてられるの」
昔よりも雄弁に話すようになった彼女が言う。
「それは俺の台詞だな。一人だったら、俺は生き残れなかった」

互いにありがとう、と言い合って、そして一緒に笑った。

6/21/2024, 9:48:04 AM

透明の素体に誰かとの縁が絡まって、太さも長さも様々ながら、あなたがいたから、僕は僕を保ててます。



題目「あなたがいたから」

6/21/2024, 9:47:00 AM

開かない扉を眺めて
ふと、君を思い出した

扉の向こうに君がいる気がしてならない
出られない部屋の外側に
君がいたならどうしよう?

死体の君がこっちを睨め付けている

開かない扉を
叩き続けてみようと思うんだよ
君は帰って来ないだろう

6/21/2024, 9:45:36 AM

あなたがいたから生きてこられたのに、勝手にどっか行かないでよ。

6/21/2024, 9:39:34 AM

1話から15話を見たこと無い方は1話から!!
(1番下に一応で、キャラの読み方書いときます)
(1番下に注意事項!!!!)
創作)16話    あなたがいたから

--6月21日--
前古志音織:なぁなぁ、今日部活終わり家来ーへん?
千尋:うん!遠かったら迎えに来てもらうよ
志音織:う、うン、その、ヒツヨウナイカモダケドネ…
千尋:?? うん
--下校中--
志音織:疲れたなぁー、運良く片付け任されちゃって
千尋:ねー、誠も会長も先帰っちゃって
志音織:ほんとにね……あっ、ココだよ!
千尋:え、ホント?!めっちゃ近いね、僕はここに住んでるよ
志音織:ウワー、ほんと偶ゼンッ……ただいまぁ
前古 望叶:おかえり♡あっ、その子が噂の?
志音織:そうだけど、やめろよ、、「おかえり♡」って
望叶:いやいやー、つい…しおん君を見ちゃうとね…
志音織:マジでやめろ…💢、名前ちげーし
望叶:ふふっ、可愛い…あ、ごめんね、僕は志音織の兄の望叶
千尋:はじめまして、えっと、八木千尋です、
望叶:千尋ちゃんね
志音織:(僕とか言わねーだろ、普段……)
千尋:(あれ?これって会長と誠と蓮と玲と、部活の…相田さんの靴まで…?)
望叶:ようこそ、我が家へ
--ガチャ--
鈴岡莉音、浅野誠、八木蓮、八木玲、相田京、部活動仲間:
お誕生日おめでとう!!(ございます!!
千尋:……え?
---続きは次回!!---

キャラの読み方!!(千尋くんと、相田さんは飛ばします)
男の子ゾーン
浅野誠(あさの まこと) 鈴岡莉音(すずおか りおん)
前古志音織(ぜんこ しおり) 前古望叶(ぜんこ もか)
新島唯(あらしま ゆい)
女の子ゾーン
安達優生(あだち ゆう) 天杉琉初(あますぎ るい)
新島晴凛(あらしま はるり)←唯と双子、全然出てないけど
八木玲(やぎ れい) 八木蓮(やぎ れん)
こんな感じですかねー

(やっとテスト終わりましたよー、、多分めっちゃ低い☆)
⚠(今回のお題はあなたがいたからです、今回には入れれませんでしたが、次回に次回のお題も含めつつ今回のお題も含めます、ご理解の程宜しくお願い致します)

6/21/2024, 9:38:55 AM

《あなたがいたから》

 彼女が死んだ。
 自殺だったそうだ。
 知らせてくれたのは彼女の母親で、何度も面識があった。
 遺書が傍に置かれていたようで、両親への感謝から始まっていたそうだ。
 そして俺にも触れていたらしく、最後の一文。
『あなたがいたから、私は』
 その続きは、血で判別できなくなっていたそうだ。
 きっと、自殺を選んだ理由でも書かれているのだろう。
 そう思っての、電話だそうだ。
「……彼女の自殺の理由に、思い当たることは、あります」
 そう答えた途端、弱々しかった彼女の母親の声色は非難の色を帯びた。
 きっと俺が彼女を追い詰めたと思ったのだろう。
 何があったのか、なにかしたのか。
 そう問われたとて、答えなど俺には無い。
 だからといって納得はされないか。
「すみません、すみません、すみません……」
 ひたすらに謝罪をして、暫く、二時間ほど経って。
「あなたがいるから、娘は幸せだったのに! そのあなたがっ、娘を……あの子を、殺すなんて!! もう二度と現れないでッ」
 絶縁の叫びと共に電話は切れた。
 彼女の母親からすれば俺は、娘を自殺に追い込んだ——殺した犯人だ。
 怒りはもっとも。
「……俺は、これでいいんだよな」
 彼女の意思はもうわからない。
 けれど遺書にすら書かなかった事実を、俺が言う訳にも行かない。
 しっかりと遺体を調べれば、彼女が、文字通り墓場まで持って行くつもりの真実も明かされるだろうが。
 俺は、これでいい。
 例え彼女の両親に恨まれようとも、彼女の遺志を尊重できるのなら本望だ。
 だから、お義母さん、お義父さん、本当にすみません。ごめんなさい。
「……あなたがいたから、私は、病気に勝ったんだよ」
 そう言いたかったんだろ、君は。
 病気じゃなくて、自殺を選んだ理由は。
 俺にだけ打ち明けていた入院生活。
 それを両親に隠していたのは、そこに血の繋がりがなかったからだろう。
 心配を掛けたくなかったからだろう。
 足が悪く滅多に家から出ることの叶わない両親が、大好きで仕方なかったからだろう。
 なんて、これ以上はわからないが。
「……なぁ。言わないって約束、守ったからさ。これからも守るからさ」
 俺にも、実は生きてましたって、嘘くらい吐いてくれよ。
 それで、病死よりも先に自殺を選んだ理由を、口にしてくれよ。
 それだけは、きっと。
 恨まれなきゃいけないはずだ。
「俺が罪悪感に呑まれないうちに、死ぬためだったんだろ」
 俺のために、自殺した。
 それは、きっと、自惚れじゃない。

6/21/2024, 9:38:38 AM

僕は今日も彼女を見ている。
理由は知らないけどこのところ毎日参拝している。
「何を祈願してるのかな?もっと知りたいなぁ…」
彼女はお祈りを済ませると急ぐように帰っていく。
「キミが僕に気づいていて逃げているとしたら…」
これからは一層監視しないといけないね。

〜別視点〜
私は誰かに見られている…気がする…。
今日も厄除けを願いにここへ来てしまった。
私はお祈りをしている時、微かに声が聞こえた…。
「もう嫌だ。怖い。」

【 あなたがいるから 】

Next