踊りませんか?』の作文集

Open App

踊りませんか?』をテーマに書かれた作文集
小説・日記・エッセーなど

10/5/2023, 11:11:24 AM

"私と共に踊りませんか?"

今日の依頼はとある組織からの依頼だ。
どうやら潰して欲しい組織があるらしい。
そこそこ大きな組織を潰すなんて、久方ぶりだ。
ボスの所まで侵入?正面から潰す?
色んな考えが頭によぎっていく。
嗚呼、楽しみだ。

実に簡単に忍び込めた。
警備が心配になるよ、警戒心が足りてないね。
さて、この扉を開けばターゲットが居るはず。
ガチャリ
「ノックも無しに何の用だね?」
『失礼、忘れていたよ。』
「...うちの者じゃ無いな、誰だ。警備員はどうした」
『殺しはしてないよ。というか、会ってすら居ないしね(笑)』
「侵入者か。」『That's right!! 』
彼はまだ、自分が殺されないと信じている。
地位も金も持っているから、交渉すればいける、と。
馬鹿だなぁ、私はそんな優しくないのに。

私は彼の手をとって、こう言った。
『...今宵、私と共に踊りませんか?』

その夜、一つの組織が一晩にして、潰れた。



お題〚踊りませんか?〛

10/5/2023, 10:05:49 AM

キラキラしたシャンデリアなんか必要ない。
 星空のほうがもっとずっと素敵だわ。

 きれいで豪奢なドレスなんか必要ない。
 それじゃあ自由に踊れないでしょ?

 かっこよく着飾ったおとこの人なんか必要ない。
 私にはもう、かっこいいヒーローがいるもの。

 ねえ、英雄さん。
 私といっしょに踊りませんか?


▶踊りませんか? #27

10/5/2023, 10:02:49 AM

踊りませんか?ご友人

踊りません。

そうですか......それはとても悲しいです。

・・
アレで踊るならいいよ。
・・
アレ...ですか。
良いでしょう...
それでは踊りましょうか!ご友人!

___...クイック クイック スロ-...___

10/5/2023, 9:58:24 AM

「踊りませんか?」

書きたいですが、時間が無いので、ある時に描きます!

ごめんなさい!

お題残す用です!すみません...

10/5/2023, 9:57:36 AM

踊りませんか?
 

 土曜日、今日は彼女と二人でゆっくり宅飲みしようと酒をたっぷり買い込んだ。二人とも飲むのは結構好きだ。つまみも色々一緒に作って、マンションのベランダに椅子を出し、昼過ぎからのんびりいい調子でビール、チューハイ等々、ちゃんぽんで飲む。熱くも寒くもない、秋の爽やかな風が吹いている。
「美味しいねえ」
「これも美味い」
 酒を飲み、あてをつまみながら、彼女の描く絵について、俺の仕事の話、そして次に出かける場所の情報など、話題は尽きなくて、楽しい時間が過ぎていく。
 彼女は昔から絵を描くのが好きで、ずっと描き続けている。半分プロと言ってもいいだろう。でも俺は芸術のことはよくわからなかった。
「何で抽象画ってあるんだろうな」と酔いにまかせて、前から気になっていたことを彼女に尋ねてみる。
「綺麗なものやすごいものなら空や海や山とか描けばよくないか?」
 彼女はちょっと困った顔で、
「確かに世界には綺麗なものやすごいものがいっぱいあって、それだけでも全然いいと思うんだけど……、私が抽象画を描くときは目に見えないものを描いてることが多いかな」
「目に見えないもの?」
「そう、気持ちとか夢とか」
「ふーん」
「無理してわかろうとしなくてもいいよ。絵なんてどう感じても自由だし、つまらないならそれでもいいの」
 彼女はあっさり言った。
「でも時間が経ったら、見方も変わるかもしれないから、今は、と思っとけばいいかもね」
 そしてグラスに入れた白ワインを一口飲んで、ゆっくり言葉を探しながら、
「あなたは自分が面白味のない人間だと言うけどね、スポーツとか仕事とか普段はそれを楽しんでるじゃない? 人の楽しみは色々だよ」
「そういうもんかな」
 彼女の絵や彼女の興味があるものがよくわからないことは、俺の引け目になっていたのだ。
「ただ、私が好きなものを楽しんでくれたらすごく嬉しいから、いろいろおすすめしちゃうんだけどね」
 彼女はいたずらっぽく笑った。


 夕暮れが近付いてきた。
 お互いだいぶ酔いが回ってきたなと思っていたら、彼女が突然、
「ねえ、踊らない?」と言い始めた。
「は? 踊る? 何を?」
「いいから、こっちこっち」
 手を取られて、ベランダは目立つからとリビングの真ん中に連れて行かれる。
「ちょっ……、おい!」
 彼女が俺の腕の中に入り込み、胸に顔を埋められる。
「ほら、昔でいうところのチークダンスとか、スロウダンスって感じ」
 俺が固まっていると、
「ほら力抜いて。揺れてるだけでいいから」
 戸惑う俺の体を揺らすと、スマホをスピーカーに接続して曲を流し始めた。
「せっかくだから、ロマンチックに行こうかな。古い曲だけど、『Lo/vin' You』Sha/niceの歌で」
 彼女は緩く体を揺らし始めた。ガチガチの俺を見上げて笑いかける。頬を俺の胸にそっと押し当てて、
「目を閉じて、私に合わせて体を揺らせてみて?」と言う。

 彼女の匂いと柔らかさを感じる。彼女が曲のリズムに合わせてゆったり揺れるから、俺も少し合わせて揺れてみる。これでいいのか? 目が合うと彼女はニコリと笑う。くっついた身体が温かい。
 とびきり澄んだハイトーンの声がラララララ、ラララララとスピーカーから流れてきた。

「洋画とかでこういう風にホームパーティーで踊ったりするでしょ。一回やってみたかったんだ」
 頬をふんわり赤くして、ニコニコしながら彼女が言う。
 こんなのこいつと付き合わなきゃ絶対しなかったよなあ。かなり気恥ずかしいけど、彼女と一緒に揺れてるのは嫌じゃない。

 「次は、『Time Af/ter Time』Tu/ck & Pa/tti バージョンで」
 テンポが変わり、優しいギターの音に重ねて、深みのある少し掠れたような声が語るように歌い始めた。

 何曲か流れ、ベランダから覗く空がゆっくりとオレンジ色から青に染まり、そして藍色に変わっていく。星が光り始めて、部屋は夕闇に沈んだ。
 彼女なら今この時をどんな風に描くだろう。

 俺の大事なものは、家族と仕事だけじゃなくなって、彼女も含まれてしまった。
 わりと単純だった俺の心にいろんなことが、まるでキャンバスに描くように、俺が思いもつかないような色で、柔らかくそして複雑に塗り重ねられていく。 
 それは悲しいことじゃなくて、時を重ねていくゆえの豊かさで、とても幸せなことだと思った。
 そうか。
 抽象画について、彼女が言ったことがやっと腑に落ちる。見えないもの、何かに例えられないこの気持ちを絵にするのなら。

 夕闇の中、彼女の体温を感じて体を揺らしながら、小さな頭の天辺を唇で触れた。
 彼女は目を開けて見上げてくる。その瞳はきらきらと光る。
 でもそれじゃ物足りないから。
 俺は軽く目を閉じて、唇を少し差し出してみる。彼女はくすくす笑うと、俺の首に手を回し、そっと唇を重ねた。



#47
以前書いたものをリメイクしてみました。

10/5/2023, 9:51:47 AM

「お姉さんこんなところで何してんの?」
「日向ぼっこ。」
「楽しい?」
「さぁ。」
「暇なの?」
「さぁ。」
旅路のある街にて。治安のいい街だった。きれいな芝生の広場も整備されていて、私は中央の大きい木の根元に座ってぼーっとしていた。こんな絶好な場所でこうしないのはもったいない気がして。
 私に話しかけてきた上品目な格好の少年は、私の隣に座った。本当に王子かもしれないと思うほど、座る仕草が優雅だった。
「…あんたこそ、何やってんの。」
「さぁ?」
「何しにここへ?」
「その金髪がきれいだなぁと思って。」
「そう。」
目の前の少年もきれいな銀髪だと思うけど。そこで私は気づく。銀髪。
「どうかした?」
「いや。似てると思っただけ。私の大好きな人に。」
彼はよく、その銀髪を揺らしながら私に寄ってきたものだ。
 少年は少し傷ついた顔をした。
「ねぇ、その人は?」
彼のことだろうか。
「もういないよ。ああ気にしないで。もうなんとも思ってないから。」
それなのに少年は、悲しげな顔をする。
「お姉さん、今夜舞踏会があるの知ってる?」
「知らない。」
興味ない。というか、だいぶ話が変わったな。まぁいいけど。
「僕と踊りませんか?」
「…えっと、勘違いしてない?私は王族でも貴族でもないよ。」
やはり少年は王子だったらしい。
「してない。僕が、お姉さんの大好きな人になる。」
「…ありがとう。でも、あんたじゃいろいろ無理だよ。」
「無理じゃない。これからかっこよくなるよ。」
「なんであんたが。」
「お姉さんにそんな顔してほしくないから。」
「私なら、大丈夫だよ。」
「そうじゃなくてっ。ああもう、わかってよ!プロポーズだよっ!」
少年は投げやり気味にそう言った。
「え?」
「お姉さんが貴族じゃないとか、すでに好きな人がいたとか、その人がもう亡くなっているとか、そんなん関係ない!お姉さんに一目惚れして、見かける度に目で追わずにはいられなかった!今日は舞踏会だから、僕と踊ってほしくて…。」
少年は顔を真っ赤にしてそう言った。私は一生懸命な子に弱い。少年の思いに応えたくなってしまった。少年は、私が愛した彼ではないのに。
「…わかった。今日の舞踏会は踊ってあげるよ。」
少年は目を輝かせた。

10/5/2023, 9:48:45 AM

「踊りませんか?」


「踊りませんか?」と気取って手を取る君と、
笑いながら輪に入る盆踊りの宵

10/5/2023, 9:43:56 AM

俺はしがないファイターだ。日々闘いを求めてさす

らう男。

だが、現代は闘いがあまりにも少ない。前誰かと闘った

のは何時か、もう思い出せない。俺は退屈を持て余して

いた。身体もなまるし、お金も貯まらない。

昔は闘っていると見物人がやってきてお金を置いてって

くれたもんだ。それに、負けた方は殺されるのを逃れる

対価を払っていた。一回闘って勝てば半年は暮らしてい

けた。

それがなんだ、今はもう生活するのもぎりぎり。誰かの

護衛をしたり、小さい大会で優勝賞金を貰ったり、そん

なのでしか稼げない世の中になってしまった。

でも、そんな俺に朗報が舞い込んだ。

大きい大会が開催されるそうだ。主催者もしっかりして

いる。しかもこれだけ大きい大会だから強い相手も

たくさん集まるだろう。

…クククッ。

思わず笑ってしまう。久しぶりに訪れた闘いの予感に体

が震えた。

これは必ず参加しなくては。

そして頂点に立つのだ。


俺は毎日血反吐を吐くまで鍛錬した。丸太を腹に縄でく

くりつけて走ったり、岩を拳で破壊できるまで殴り続け

たり、葉を手刀で切り、落ちてくるかけらを更に切って

見えなくなるまでそれを続けたり。

大会が行われるまで、半年ずっとずっと練習したのだ。

大好きな酒も我慢した。


そして遂に今日…、大会の日がやってきた。ドレスコー

ドとして礼服を指定されたので、身も引き締まる思い

だ。

会場は広いホール。しっかりと造られたホールを用意し

てあるあたり、開催者の意気込みを感じる。

俺は、身体から溢れそうになるわくわく感を抑えながら

受付の女に招待状を差し出した。

やっと待ち望んだ武闘会。

血湧き肉躍る闘いがもうそこにあるのだ。

身体の内側が戦闘本能で疼いている。

招待状を確認し終わったようだ。受付の女が微笑む。





「はい、招待状ですね。では、どうぞ会場へ。
 、、、
 舞踏会を楽しんできてください」



扉の向こうには

「一緒に踊りませんか?」

とドレスを着た女が微笑んでいた…。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
踊りませんか?

「武闘会は踊る」

10/5/2023, 9:42:56 AM

踊りませんか。
初めての投稿で初めてのお題がこちら。

比較的私の今の状態はそんな気分じゃない

だけど

ネガティブきっかけで始めた一言目の
(踊りませんか。)はなんだか…

え??

悪くは無いのかなって
1日を無駄にするくらい倒れ込んでたけど
そのくらい前を向こう進もうってことでもあるのかな




……なんてな

a life that someone will remember

10/5/2023, 9:36:30 AM

四六時中ジョークとサーカスで笑い絶えぬ夢の国。
ただ、その国は変わってしまった。

それは優しかった王が変わったこと。王が変わったきっかけは王妃が亡くなったことだ。

王妃が亡くなってからは民を奴隷の様に扱った。
それだけでなく、つまらない者、歯向かう者は誰彼構わず首をはねるようになった。

そして、この間、この宮廷の道化師の首をはねた。
きっかけは些細なことだった。しかし、王からすれば重要なことだったのだろう。

王は王妃の命日にイベントを開催した。そこにこの宮廷の道化師を参加させた。
その道化師は調子に乗ったのか、王のウケをとった。それがいけなかったのだ。
王はその瞬間、大勢の前で道化師の首をはねた。


「はぁ…つまらない。何か面白いことは無いのか?道化師を呼べ!」

「王様。道化師はこの間王様が首をはねました。」

「チッ……。気分が悪い。ならばここに道化師となる後継の候補を連れてこい!」

「……分かりました。」

私は何故こんなことをしているのだろう……。
ただ、どう頑張っても王様に逆らうことはできない。
目の前で首をはねられるのが私になることは容易に想像できた。
早く道化師の後継を連れてこなければ。


「王様。この方達が道化師の候補です。」

まさか自分から名乗り出る者が居るとは。
しかも4人も。

「………。道化師!ここで踊ってみろ!!」

「……!?」

連れてきて早々何を言っているのだ?
やはり王の言うことは理解できない。

そして困惑した様子の道化師達は舞台へと上がって行った。

「今宵みせるは奇跡で……」

「「!?」」

その声は確かに亡くなったはずの王妃の声だった。微かではあったがしっかり聞こえた。

全員がその場で呆然していたとき、また聞こえたのだ。

「さあ!カーテンを開けて!」

王妃の声。何が起こっているのか理解ができない。
そんな中、興奮した様子の王が言った。

「お前ら!早く踊るんだ!」

戸惑いながらも道化師達は位置につく。

その時、囁くように私に言う。

__「踊りませんか?」__


・今回自信無い
・ある曲を参考に
・初心者
・語彙力皆無 …です。

10/5/2023, 9:32:58 AM

「踊りませんか?」

僕の大好きなバラの庭園は、今夜兄さんの誕生日の祝いの場所になっている。普段なら誰も入ってこない、1人になれる場所なのに…と落ち込んでいるとき、誰かが僕に話しかけてきた。
「あの…顔色が悪いようですが大丈夫ですか?第二皇太子殿下」
最初は誰が、こんな駄目な第二皇太子に話しかけてきたんだと、狂ってるんじゃないかと思った。だが、それは彼女を見るまでだった。彼女はとても綺麗で、可愛らしかった。そう…言葉を失うくらいには…。地獄の枯れ果てた土地に一輪の花が咲いたようだった。誰にも会いたくないのに兄さんに「誕生日だから来てくれると嬉しいな」と言われて嫌々来たのだが、彼女に出会えた喜びでそんな嫌々しさなんて一瞬で吹っ飛んでいった。
♪~♬♪~♪♪♬~
そんな時音楽が流れ始めた…。これはチャンスでは…と思った。僕はふっと笑うと
「はい。大丈夫です、綺麗なご令嬢。どうかこんな私ですが、楽しいひとときをご令嬢にプレゼントとしたいのですが、ダンスのお誘いを引き受けてくれますか?」
跪いて微笑む俺を彼女は手を口元に持って行って、ビックリした後にその綺麗な顔で満面の笑みを作り、「はい!よろこんで、リードお願いいたします、第二皇太子殿下(*⌒▽⌒*)」
彼女と俺の物語はまだ始まったばかりだ…。

10/5/2023, 8:51:32 AM

「わー…」

街を歩いていた時、君が突然とあるお店のショーウィンドウに張り付いて声を上げた。
美しい男女がくるりくるりと踊る映像が流れている。社交ダンスか。俺らもダンスするけどこういうのはやったことないな、当たり前だけど。きれーだなーうめーなー大変そうだなーとは思うけど、、

「おい、行こうぜ」
「…うん」

君は歩きながらもちらちら後ろ髪引かれるように振り返っている。
よっぽど気に入ったんだな。
君は男らしいことも大好きだけど、きれいなもの可愛いものも大好きだってこと知っている。
誰からも咎められない愛に憧れる気持ちも。

それだけは、俺、与えてやることはできない…


部屋に戻っていつもの通りに手を洗って着替えて部屋呑みの缶ビールを開けてYouTubeでもつけて。
君はさっきのことなんて忘れたみたいにいつものどうりで、ソファに腰掛けてなに見るのーなんて言っている。

「んー…これ」

それはクラシックミュージック。どっかの楽団の。俺も曲とか全然わかんないけどワルツ、で検索した。
そして俺は缶ビールをテーブルに置いて、キョトンしたままの君の前で胸に手を当てて手を差し出した。

「Shall we dance?」
「ん? なに?」

…君は英会話はほとんどできないんだった。

「踊りませんか? だよ。見よう見まねでやってみよ」

君はまだ一口しか飲んでいないのに顔を赤くして、なんだよーとかバカじゃねーのとか言いながらも俺の手を取って立ち上がった。


〝普通の恋〟はあげられないけど、こうしてたまには踊りましょう。
君と俺とのダンスはこれからも続くんだから…




▼踊りませんか?

10/5/2023, 8:23:47 AM

「……『探しものは』の歌しか思い浮かばねぇ」
今日のお題、何ですか。難しいお題ですか。
頭の中も、本棚とかも、探したけれどネタが出ないので、「お題無視」は、ダメですか。
某所在住物書きは昔々の歌の、カバー曲を聴きながら、残り2時間を切った文章投稿期限で何を書こうと葛藤していた。
9月の「踊るように」以来の踊りネタである。
ダンス必修化以前、とっくの昔に義務教育を卒業した世代である。「踊りませんか」と言われて、何の知識・経験が役に立とうか。

「今の時期の『踊る』って、盆踊りは終わっちまったし、何だろうな」
踊る、おどる、ねぇ。物書きはスマホをいじり、ネット検索に助言を求めた。

――――――

「ゴマスリが?」
「抑えろ。声がデカい」

10月始まって、はやくも5日。
今日も朝から仕事して、昼になって折り返して、午後からの夕暮れからのちょっと残業で、とっぷり夜になった。
いつも通りのサビ残で、いつも通りに帰宅、
と思ったら、いつも以上に平静な表情の先輩に呼び止められ、ふたりで話をするため、少し遠めのカフェの個室へ。
先輩がヒソヒソ声で語ったのは、ウチの部署の「ゴマスリ係長」の話だった。

先月、つまり9月16日。
ウチの係長、後増利係長が、私と先輩で進めてた仕事の案件を、お客さんとの契約締結直前で、堂々パクっていった。
普通にブチギレ案件だけど、直前で担当が私達からゴマスリ係長に変わったことで、お客さんが大激怒。
私達から手柄をむしり取ろうとした係長は、逆にお客さんにバチクソ怒られた。

で、その「お客様に怒られた後増利係長」のハナシが、お客さんから伝いに伝って、
なんと、ウチの職場のトップ、緒天戸の耳に到達。
「鶴の一声」。「オテント様が見てる」。
厳重注意のもと、場合によっては降格させよと。
そのタレコミなリークを、先輩の友人にして隣部署の主任、宇曽野主任が持ってきたらしい。

「上司にゴマすって、部下の仕事を盗んで」
先輩がコーヒーを飲みながら言った。
「その結末が『降格やむなし』だったと」
悪徳上司がとうとう懲らしめられたワケだ。喜びの舞いでも踊ろうか?
付け足す先輩は少しだけ、ほんの少しだけ、勧善懲悪劇の結果に満足してそうだった。

「4月に左遷させられたオツボネ前係長みたいに、ヒラとして総務課送りになったりしないかな」
「そこまでは聞いていない。が、違うだろうさ」
「ちぇっ」
「ウチの部署の係長職が、二度もお目玉を食らったんだ。会議にかけられないだけマシ、ということにしておけ」

「一応、これで、ハッピーエンドなのかな」
課長にゴマスリばっかりして、自分の仕事を全部部下に押し付けて、全部終わる頃に成果を持ってった係長、後増利。
ちょっとだけ、ざまーみろ、と思う。
「さぁ?」
自称捻くれ者の先輩は、片眉上げて首を傾けるだけ。
「少なくとも、お前がベソかいて私の部屋のコーヒーだの炭酸水だのを飲み干す回数は減るだろうな」
それでも少しだけ、ほんの少しだけ、唇と目が、穏やかに笑っているように、見えなくもなかった。

「ナンノ、話デセウ」
「尾壺根の確認不足。責任転嫁と理不尽な始末書。メタ的な話をすると、4月18日」
「記憶にございません。ございませぇーん」

10/5/2023, 8:22:19 AM

レッツ・ダンス

踊らない理由を使い果たした私は、姿見の前で途方に暮れていた。
物好きな男性から何度も誘いを受けている。その都度、適当な理由を拵えていたが彼は懲りない。それを嫌とも思えない自分が何とも歯がゆく、それでも最もらしい理由を毎回用意しては安堵していた。まるで一夜毎に命を延ばすシェヘラザードのように。
しかし、どんな物事にも限界がある。いっそ一度踊ってしまった方がいいんじゃないかと考えた私は、誰も見ているはずのない自宅のアパートで練習することにした。踊るなんて中学校以来だ。後夜祭の楽しくもなんともないマイムマイム。手のひらについた他人の汗の嫌な感覚。

ワルツなんて分からない。好きな音楽でノッてみればいい、というネットの文句をとりあえず参考にして、普段聞いている音楽をイヤホンで聞いてみる。さあ、やるぞ…と思ったらCMの耳障りな音楽が間に割って入り、それからオリンピックの時期に繰り返し流れるポップソングの前奏が流れた。
普段から聞く音楽、と言っても「他の人から評価されている音楽」しか知らない。私はとりあえず聞いていたが、それはカラオケに誘われたときに歌う曲をストックしておく為だった。だからサビが終わっても体はまともに動かなかった。部屋着でワイヤレスイヤホンをつけて、両腕を不格好に浮かせた私が棒立ちしているだけだった。私は踊らない理由を作っていたのではない。踊れないだけだったのだ。それこそ小学生の頃からずっと使ってきた姿見は残酷なまでに私の姿を晒していた。

「踊り方が分からないんです」
私は再三の彼の誘いに、そう返した。彼にとっても予想外の答えだったのだろう、慎重ながら怪訝な表情を浮かべていた。
「私、踊れません。ごめんなさい」
彼は困ったように頬を掻いてから、こう言った。
「僕だって分かんないよ」
私は顔を上げた。どんな表情をしているのか、彼は姿見じゃないから分からない。
「でも踊ってみるんだ。めちゃくちゃでも楽しいよ」

私は踊ってみることにした。

10/5/2023, 8:21:11 AM

小学校低学年の頃、全校集会で「鬼のパンツ」を踊った。
いや、踊らされた。
低学年は各教室で前もって指導を受けて。
当日、一年生から六年生まで整列し
フニクリフニクラの曲に合わせて踊り始めた。

はこう はこう 鬼のパンツ~♪
のパンで全校一斉に手を叩く。
凄まじい音が響く。

児童、先生、校長までもが無表情に踊り続ける。
1回終わっても、また始まる。
思ってた以上に何度もリピートする。
何かの呪いのような光景だった。

そして大人になっても
あの振り付けは、あの替歌の歌詞は、呪われた光景は
脳裡にこびりついていて、油断すると脳内再生が始まる。

10/5/2023, 8:12:36 AM

足下で枯れ葉が舞う。イヤホンから聞こえる「Shall we dance」のリズムに合わせてステップを踏んでみる。風がまるでエスコートするみたいにコートを翻した。
 楽しくなって足はスキップになった。何でもないいつもの散歩道なのに、まるでダンスホールみたい。

10/5/2023, 7:16:35 AM

踊りませんか?とあなたは言う。
嫌ですと断る事は許されていない。
返答はにこやかに、勿論。
ただ一言しか許されていない。
今日もあなたは偽りの好意で幸せそうに笑う。
幸せでないのは私ひとり。
世は並べてことも無し。

10/5/2023, 7:08:39 AM

踊りませんか


月が出ている夜、河川敷を二人で散歩した。
大学生らしく、缶チューハイをコンビニで買って飲みながらぷらぷらと。
3%のアルコールをちみちみと飲む僕に対して、晶は6%のアルコールですっかりご機嫌だ。
「あ〜やば、最高の夜だ〜!」
「お互いレポートの締切から目を逸らしてることを除けばね…。」
「だ〜いじょうぶだって、いざとなったらチャットじーぴーてぃーがいるし!」
「うわ…僕は使い方も知らないよ…。」
「ふふふふ…いいから、ほら!」
「…なに?」
「踊ろう!」
「な、なんで…?!」
「月が綺麗で川が俺たちを祝福してるから!」
「ちょっと意味わかんない…。」

10/5/2023, 6:42:05 AM

月明りのスポットライト
綺羅びやかなドレス
未明の空
二人きりの世界で
「さぁ、踊りましょ?」

10/5/2023, 6:26:26 AM

踊りませんか? 

自分が男性なら女性への声掛けだと思い 

自分が女性なら男性からの声掛けだと思う 

自分が自分に声掛けするなら
 
踊らされてませんか? 
と言ったところでしょうか

Next