スマイル』の作文集

Open App

スマイル』をテーマに書かれた作文集
小説・日記・エッセーなど

2/9/2024, 8:15:41 AM

スマイル !笑顔大事です!
にこにこしてれば自然と人は寄ってきます!
やっぱり愛想が1番大事だと思うんです!
人気者って愛想が良いと思うんですよ!
ちょっとしたことでも微笑むなりなんなり
しておけばいい人だなって思われます。
朝鏡の前で全力笑顔!やってみてください!

2/9/2024, 8:04:24 AM

彼女と別れました。
"友達に戻りたい'''

何となくわかってた
ぎこちなくて、ただ淡々と過ぎてくから

親友とよく話してた彼女
全てが繋がったんです。
今までそんなこと無かったから
不思議を感じてた

1人で抱え込ませてた。
多分キープしてるだけと思われたのかな

笑顔って、大事です。
沢山スマイルしてあげてください。
それはお面ではなく素直な気持ちで。

【スマイル】

私はしんどいと感じる側では無い。
彼女を彼女という名義で縛ってしまってたのだから

さようなら。
心の底から大好きでした
ごめんなさい、素直に言えなくて
貴方の気持ちに甘えてた。
幸せになってください。
私にはできなかった分愛されてください。

2/9/2024, 7:52:04 AM

「スマイル」

ずっと笑っていよう
自分のネガティブで周りを傷つけたくないから
ずっとずっと、
この ス マイルの裏側には何があるんだろう
もうわかんないや

2/9/2024, 7:39:55 AM

スマイル


スマイルかぁ、スマイルって笑顔って意味だよね。満面の笑顔でいるってけっこう大変なんだよ。

嫌なことあっても常にスマイルでいなきゃいけないお仕事してる人も多い世の中。

簡単に笑顔を振り撒くってけっこう大変だし、難しいんだよって知らないんだな。これがさ。

2/9/2024, 7:37:51 AM

誰とも本気で関わらない。関われない。
怒られたら面倒だから。平和な方が楽だから。
みんな私に、「良い子」でいてほしいでしょう?
そうやって、生まれた頃から怠け者だった私は、人と本気で付き合うことさえ怠けて生きてきた。

「どうして君はいつも笑っているの?もっと怒ってよ。泣いてもいいんだよ!」

沢山の人にそう言われて、今度は私は、存在しない「本音」を話すようになった。
声を震わせて、涙なんか浮かべてみちゃったりして。
分からない。この人は私に何を期待しているの?
私の中身は空っぽだ。もう随分長いことそうだったから、今更本音も何もない。
何もかも面倒になって、それでも私は私でいることを辞められやしない。

今日も私は、いつも通りに明るいスマイルを、誰彼構わず振り撒いた。

2/9/2024, 7:37:44 AM

――推しが亡くなった

 声とか何気ない表情の変化が自分の中にストンと落ちてピッタリはまり込んだような感覚だった。CMでみたその姿に一瞬で恋をした。恋愛や親愛とはちがう、最近流行りの『推し』というものの意味を身をもって理解したのだ。

 推しが出演するドラマや映画を観てきゃあきゃあと叫び、たまに流れるCMで見かけたらとてもいい日だとほっこりする。そんな感じのゆるい推し活を日々楽しんでいた。

 なのに、ある朝とつぜん緊急速報で推しの訃報が流れた。青天の霹靂なんてものじゃない。自身の片割れを失くしたような消失感だけが残った。

 毎日帰宅したらまず一番に録画したCMを観る。
画面の向こうで少しいたずらっぽく微笑み、人差し指を口角にあてながら宣伝文句を読み上げていく。そしてくるりと一回転してポーズを決めたあと、アップで映された推しの笑顔と決めセリフでそのCMは終わる。

「…スマイル、スマイル」

 すっかり覚えしまった短いセリフを口ずさむ。
全然笑えないのに、推しがそういうから笑う。何か嫌なことがあっても、その言葉に励まされてきたことを思い出してまた頑張れる。
 だからもう一度、いや何度でも。

『スマイルスマイル☆』


              【題:スマイル】

2/9/2024, 7:31:56 AM

愛想笑い

偽りの笑み


いつになったら

自然体の


笑顔を

することができるのだろう


#『お題 スマイル』

2/9/2024, 7:20:07 AM

もう日が落ちた夜、某コーヒー店にて。
「あ、あ、あの、スマイルください!!」
「……ええと、申し訳ありません、当店ではそのようなサービスは提供しておりませんので……」
 羞恥を振り切ったような声で注文する俺の前で、俺と同年代だろう女の子が困った顔をしている。本当にごめん、君が悪いわけじゃないよ。俺が全て悪いよ。

 高校の部活が終わった後、仲のいいメンバー同士でちょっとした試合をしたのだ。負けたやつが罰ゲームをするという条件付きで。結果、負けた俺が「コーヒー店でスマイルを注文する」という、下手したらネットでネタにされそうな罰ゲームをやっている。ていうか、誰だよこの罰ゲーム考えたの。最近のニュースを見てないのか!?
 幸い、カウンターの女の子は困った顔をしただけだ。
「で、ですよね、すみません……。……その。オリジナルブレンドコーヒーのホット、Sサイズをひとつください。あっ、テイクアウトで」
「オリジナルブレンドコーヒーSサイズのホット、テイクアウトですね。そちらのカウンターでお待ちください」
 少しの罪滅ぼしにと、コーヒーを買って店を出る。流石に店内で飲む勇気はない。外に出ると、メンバーたちがニヤニヤしながら立っていた。
「お疲れー! どうだった?」「マジでやったのかよ!」「あの店員さん、可愛かったな」などなど、呑気に自由に楽しそうに俺に声をかけてきた。
「うるせーっ!」
 そりゃ外野は気楽だろうよ! 負け惜しみに大声を出して、ちょうどよい温度になってきたコーヒーを飲む。あ、美味いなこれ。また買いに来よう。……1ヶ月くらい後に。
 
「あ」
「ん?」
 次の日の朝、学校へ行く途中の信号待ちで、横に立っていた女の子がこっちを見て声を上げた。思わず振り返る。俺の高校の近くにある別の高校の制服だ。なんだかどこかでみたことあるような。
「昨日、うちの店に来てた人ですよね!」
「えっ……。…………ああ!」
 思い出した。昨日の出来事を無かったことにしたくて、全力で忘れたのに思い出してしまった。昨日、スマイルを注文した時にカウンターに立っていた女の子だ。俺は即頭を下げる。
「その節は大変申し訳ございませんでした」
「いえ、大丈夫ですよ。たまにそういう人いますし」
 たまにいるのか。俺は人のこと言えないが、世界終わってるな。
「それより、いいんですか?」
「え、何がですか?」
 ニヤリといたずらを考えた子供のように笑う彼女。
「今ならサービス出来ますけど?」
 驚いた顔をしている俺に、彼女はにっこりと微笑んだ。彼女は、意外とお茶目なようだ。

『スマイル』

2/9/2024, 7:11:35 AM

〈スマイル〉

全身で笑う、真夏の向日葵のような人だ。
あたたかさを通り越して、暑苦しいときすらある。
そして、その花が咲く季節の陽光のように、ジリジリ、ジリジリと。気がつけば、全身、彼への気持ちに焼けていた。

今は冬。
寒い寒いと身を縮こませながら、ふと思い立って深呼吸をしてみる。冷たく鋭い空気を肺にいっぱい吸い込み…そのなかに僅かなあたたかさを感じて首をかしげた。

「おはよ!」

突然後ろから声をかけられる。
振り向ると大きく手を振りながら、駆け寄ってくる人影。ああ、この人が近くにいたからか。可笑しくなって、息だけで少し笑ってから返事をした。

2/9/2024, 7:07:59 AM

お題:スマイル

接客中に客からスマイルを強制された時は
口角をあげて、目尻を下げる。
これだけで笑ってるように見える。

強制された時は顔は笑っても心の中は般若の顔してる。

2/9/2024, 6:50:19 AM

にっこり笑顔で迎えます
 あなたを
思い切り口角を上げて迎えます
 あなたを
取り繕った表情で迎えます
 あなたを
全くもって
楽しくも
面白くも
ないですが
精一杯の偽物で迎えます
 あなたを

#26 スマイル

2/9/2024, 6:40:22 AM

僕は金髪の少年が死喰い人だという確信を持っていた。賢いハーマイオニーは違うというけれど、僕は彼だという確信があった。それを証明するものを探すために、彼をいつも忍びの地図で監視していた。最近彼は、…ドラコ・マルフォイは一人でいることが多い。一体何をしているんだ、必ずつきとめてやると、彼から目を離さなかった。
彼は前と比べて毎日少しずつやつれているように見えた。しんしんと降り積もる雪のように白かった肌は、青白くなり、元々細かった体はもっと痩せ細っているように見えた。そして、そして、最近気がついた事なのだが、彼は、彼は笑わなくなった。
入学してから、最近の、本当にほんの少し前までは逆に笑った顔しか見なかったのだ。ニヒルに意地悪くいつも嫌な笑みを浮かべて同寮の連中と話していたし、僕と話す時はより一層その笑みを深めていかにも楽しそうに、すれ違ったらこれ幸いと不毛な皮肉をぶつけてきたり、嫌がらせをしてきたりしたのに。
最近では一切そのような絡みをしてこなくなった。ハーマイオニーはアイツはもう懲りたのよ、とかもう少なくとも子どもじゃなくなったのよ、と言うけれど。
最近は僕に絡みにくるどころか、マルフォイが僕の姿を見つけると、僕に気が付かれるよりも早く、音を立てずに、その場からいなくなるのだ。まるで、一人でいる今の自分のことを僕に見られることが恥だと言うように。
あんなにマルフォイを持て囃していたスリザリンの連中も、最近では彼を無視するかのように振る舞うことがあるのだ。
彼はどんどん一人になっている時間が増えている。最近では、学食でも見なくなった。

そうして最近、彼は夜中にどこか知らない部屋に篭っているのだ。この部屋はどこなのだろう、と僕は首をひねる。

毎夜その部屋に彼は行っているのだ。
怪しい。ついに僕は透明マントを取りだして彼の後を追いかけた。

ーと

その部屋には不思議な魔法道具のようなものが多数存在していた。それらは希少なものなのだろう、だが、それら全ての存在感をかき消すように、部屋の真ん中にある、大きな鏡に思考を奪われた。忘れもしない、ーみぞの鏡だった。

彼はその鏡の前に座り込んで鏡に手のひらを着いて、鏡を見ている。誰もいない、しいんと静まり返る、この部屋で。
マルフォイはとても穏やかな顔で鏡を見ている。僕は彼のそんな顔を初めて見た。

そうして、彼は鏡に、驚くほど柔らかい、優しい笑顔で、花も恥じらうような美しい笑顔で、笑いかけた。
僕はどきりとした。その笑顔は鏡に向けられているのに、どうしてかはわからないが、まるで僕に向けられているような錯覚がしたからだ。

僕は自分の感情の整理に戸惑っていた。そしてもう一度彼を見た。

でも彼の笑顔は刹那だった。少しずつ弱々しいものになっていき、壊れそうな笑顔になった。眉が八の字に曲がった。そうして彼は俯いた。瞳から、ぽろぽろ涙が零れた。
「…………たす…けて……助けて……僕を……僕を助けて…」
彼は泣いていた。
僕はその場から縛られたように動けなくなった。

2/9/2024, 6:35:57 AM

スマイル




何もかも貫通してしまう

スマイルの持ち主でありたい



例え相手が私に憎悪を

抱いていたとしても



それを簡単に打ち砕いていく

友好的な戦い方を選択したい



したたかだろうか



共通言語は

スマイルがいい



互いがノーガードでも

危険が伴わなければ。



ドロドロの自分に

懲りたのよ



No.72

2/9/2024, 6:34:25 AM

スマイル

この世の中には偽の笑顔が溢れているけれど、私も心からの笑顔を出せている気はしない。
でも、心から笑顔になっている人を見ると、自然と笑顔になれる。
そうやって、心からの笑顔の連鎖が起きたらいいな〜

2/9/2024, 6:27:21 AM

スマイル

愛想笑い
苦笑い
これしか出来ないや
今の自分

2/9/2024, 6:23:20 AM

スマイル

スマイルといえば、
チャップリンの映画を思い出す。

今では、多くのアーティストが
カバーしていて、よく耳にするが、
昔はそこまででもなく、
喫茶店などで偶然流れてくると嬉しくて、
文字通り、思わず笑顔になったっけ。

音楽でも本でも、自分が好きなものって
思わず笑顔になる。
笑うことは怒ることよりもずっと大切だ。

スマイルは、微笑む様子とのことだから、
黙って微笑んでいようかな。
…何かあったかと思われるな。きっと。
paki

2/9/2024, 6:19:57 AM

笑顔はこわい。



私は、

笑顔で、

さよならを言った。




嫉み嫉妬、絶望、畏怖、すべてを内包して。

2/9/2024, 6:15:34 AM

『スマイル』

イツモシヅカニワラッテイル
いつでもにこにこと

ほっぺに可愛らしいえくぼを2つ作りながら
にこにこと__




静かに心のどこかが壊れていく音がした
少しずつ少しずつ
大切な何かを失うようで

そんなことにも気付けずわたしは
イツモシヅカニワラッテイル

2/9/2024, 5:43:42 AM

スマイルしてる人の心うちを表す吹き出しがあるとして
そこに入る言葉は?と聞かれたら
表情とは程遠いセリフが浮かぶな。
まあ、悪事が上手くいって楽しいとかはあるのかな。
悪いことばっかではなく、自分を守るためとか
その場の空気を考えてとかもあるだろうけど。
どうにも嘘臭いって思ってしまうんだな。スマイル。

怒ってる人は相手を怒ってるから怒ってるけど
スマイルの人は分からない。
相手をごまかしてても、バカにしてても、なーんも考えてなくても
きっとスマイル。
なんか怒ってる人の方が可愛く見えてきそうだ。

(スマイル)

2/9/2024, 5:42:53 AM

お題:スマイル
『スマイル下さい』

「スマイル下さい」
僕は思いきって口にしてみた。
1回言ってみたかったセリフだった。
マクドナルドの店員さんが困った顔で答える。
「実は、スマイル0円は先月で止めちゃったんです」
「え、そんなことある?君ら接客業じゃないの」
「申し訳ございません。代わりにサブスクプランを御用意させて頂いておりまして」
「サブスク?なにそれ」
「えー、月額500円でですね、系列店すべてでスマイル放題のサービスをさせて頂いております」
怪しげなサービスではあったが、僕は好奇心で登録をしてみた。登録するとスマイルパスポートというものが渡され、店内入口の磁気が検知する仕組みだそうだ。
僕は心なしか以前よりもマクドナルドに行く機会が増えていった。店内にはにこやかで明るい空気が溢れていた。

「あのスマイルは嬉しいんですけど、唐突に真顔になるの怖いからやめて欲しいんですが」
「お客様のプランですと、1度の御来店でスマイルは10秒までとなっておりますので」
「えぇ、じゃあ解約しようかな」
「3ヶ月以内に解約されますと、お客様を睨みつけるペナルティが発生してしまいます」
「なにそれ、怖っ」
「そんな方におすすめのグッドスマイルプラン。完全スマイル放題が1500円のところ、乗り換えのお客様に限り月額1000円で提供しております」
「分かったよもう、それで良いよ」

帰宅して妻に説教された。
「あなた、また変なサブスクに加入したでしょ」
「仕方ないよ、そういう時代の流れなんだから」
「時代時代ってね、そうやって流されっぱなしだから搾取される側なのよ。老後の資金とか子育て資金とか、ちゃんと考えてる?そもそも、いい歳して毎週マクドナルドって健康のことちゃんと考えてるのかしら」
「もう良いよ、寝るからおやすみ!」
マシンガンの様に話し続ける妻を遮り、僕は布団に潜り込んだ。妻の言うことは大体において正論だった。
聞き流してはいたが、まさにその通りなんだよなーと思いながらまぶたを閉じた。

明くる日、妻と一緒にファミレスに行った。
スマイルパスポートの系列店なので、店員は僕らにニッコリと笑みを浮かべている。
妻はパスポートを持っていないが、同伴なのでちょっと得した気分だ。
偶然店内でご近所さん家族と出くわした。
「あら、今日はご主人と一緒なのね」
奥様が品の良い笑顔で僕たちに会釈する。
妻が何か言いたげにしてるなと思ったら、唐突にまくし立て始めた。
「ちょっといいかしら、野菜はちゃんと食べてる?肉ばかりじゃなく、もっと野菜を食べなさい。人間ドックは定期的に行くこと。子供の味覚は幼い頃に出来上がるのだから、濃い味付けのものばかりじゃ駄目よ」
あまりに失礼な妻の物言いに口を挟もうとしたら、隣の奥様がすっと手で制した。
「いえいえ、違うんです。私ってば、はっきり言われないと駄目なところがあって説教され放題サブスクに加入したんです。お宅の奥さんにはいつもお世話になってるのよ」
僕の知らないところで、妻はとんでもない商売を始めているらしかった。これもまた時代の流れというやつか。

Next