NoName

Open App

#あなたとわたし

わたしに「ある」感覚が、あなたには「ない」。
あなたに「ある」感覚が、わたしには「ない」。

同じ人間という生物なのに、まるで全く違う生き物のように感じてしまう。

“好きな人と、手を繋いだ。キスをした。それ以上をした。”

目をうっとりさせて、キミは頬を赤くした。人間が勝手に設定した“大人”の年齢を過ぎて数年経っても、未だにわからない感覚にワタシは首を傾げた。

「だって、それが愛でしょう?」

それが愛の証明であるかのように、言い切った。
さも当然かのように。

「まだ本当に好きな人に出会ってないだけだよ」

『ワタシはわからない』に返されるアンサーは決まってこうだ。

違うのだ。
ワタシは、本当にわからない。

わからない出来事が起こるたび、ワタシは自分自身を疑った。
同じ人間という生物なのに、どうしてワタシはわからない?
どうしてワタシには、その感覚がない?

――――ワタシは、どこか欠けているのだろうか?

11/8/2023, 9:04:32 AM